学生広報チーム「パレット」公式instagramアカウント

京都女子大学 京都女子大学

学びと特長

心理学科 学びのポイント

幅広く心理学を学び、公認心理師の受験資格も取得可能。

多岐にわたる心理学の領域をカバーし、基礎理論から実践的な科目までを設置。所定科目を履修することにより、公認心理師の国家試験受験資格を得ることができます。

【公認心理師とは…】
心理学の分野における日本初の国家資格。心理学に関する専門知識と技術を身につけていることが証明され、主に保健医療、福祉、教育などの分野で活躍できる。公認心理師の受験資格を得るためには、4年制大学で公認心理師法に定められた必要な科目を修得して卒業した後、①大学院で必要な科目を修得して修了するか、②文部科学省令・厚生労働省令で定める施設で2年以上の実務経験を積むか、いずれかが必要とされる。

調査・実験データを分析し、自論を構築する力を養成。

こころや行動に関する調査や実験を行うところから、結果を分析して考えをまとめるところまでを学修。この経験を通して、問題解決能力をはぐくみます。

体験的な学び(ボランティア)

学びのパートナー

別室・保健室登校の子どもや、虐待などで一時保護されている子ども達に対して学習支援を行う、京都市教育委員会の「学びのパートナー」事業に協力しています。参加学生とアドバイザー教員が話し合いながら、不安やストレスを抱える子ども達への関わり方を考えます。

心の健康サポーター

健康教室でボランティアをしたり、地域の高齢者を対象とした茶話会を開いたりしています。高齢者の幸福感を高める支援のあり方や認知症を予防するための関わり方を考え実践する中で、老年心理学や医療・健康心理学についての理解を深めていきます。

学びの領域

心理学研究と現場体験を通して科学的な思考力と応用力、実践力を身につけ、 心理学の素養と知識を活かして幅広い分野で活躍

心理学科で取得できる教員免許・資格

  • 公認心理師国家試験受験資格(大学院終了後、もしくは実務経験後)
  • 認定心理士
  • 認定心理士(心理調査)
  • 図書館司書
  • 情報処理士
  • 日本語教師