学生広報チーム「パレット」公式instagramアカウント

LINE

京都女子大学 京都女子大学

長期留学プログラム(最長1年)

約1年間、現地の学生とともに授業を受け、語学力を養い、異文化理解を深めます。

長期留学

本学と協定を結んだ海外の大学に留学する「協定大学留学」と、学生自身で入学手続きをし、本学の許可を得て留学する「認定留学」の2種類があります。さらに「協定大学留学」には、留学期間中の本学の学費相当額が協定留学生奨学金として給付される「派遣留学」と、留学先の大学の学費が免除される「交換留学」の2つがあります。いずれも留学先での修得単位の一部(上限あり)は、卒業に必要な単位として認定されるため、休学することなく4年で卒業することも可能です。

<協定大学>派遣留学(2021年度)

対象

2回生以上

留学期間

半年~1年

募集人員

各大学原則2名(1年間最大派遣数12名)

※留学期間中の本学の学費相当額が協定留学生奨学金として給付されます

プログラム内容

英語圏では、正規科目履修または英語研修+正規科目履修。中国は語学学習が中心。

留学先

英国
  • クイーン・マーガレット大学
  • ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校
  • サセックス大学
オーストラリア
  • ウエスタン・オーストラリア大学
  • ウエスタンシドニー大学
  • オーストラリアン・カソリック大学
ニュージーランド
  • ビクトリア大学ウェリントン
アメリカ
  • チャタム大学
カナダ
  • アルバータ大学
  • ブロック大学
中国
  • 中国人民大学
  • 広東外語外貿大学※1
※1 大学院生に限る
※ 留学期間中の本学の学費相当額が協定留学生奨学金として給付されます

<協定大学>交換留学(2021年度)

対象

2回生以上

留学期間

半年〜約1年

募集人員

各大学2名〜5名(大学ごとに設定)

プログラム内容

現地語の学習および英語・現地語で行われる正規科目履修。マカオは英語による正規科目履修が中心。

留学先

韓国

  • 梨花女子大学校
  • 誠信女子大学校
  • 亞洲大学校

台湾

  • 静宜大学

中国

  • マカオ大学
  • 杭州師範大学

カナダ

  • オタワ大学
  • レジャイナ大学

ベルギー

  • ヘント大学
※ 留学先での学費は免除されます

認定留学

学生が希望する大学などの入学許可を受けた上で、本学の許可を得て留学する制度です。

長期留学プログラム内容一覧

留学方法 プログラム内容 滞在先 留学先大学学費
(出願料・入学金・授業料など)
本学学費
協定大学留学 派遣留学
【英語圏】
  • 正規科目履修または英語研修+正規科目履修
【中国】
語学学習
ホームステイ
または
学生寮
全額納入 全額納入
ただし、納入確認後、留学期間中の学費相当額の奨学金を給付
交換留学

【オタワ大学】
正規科目履修


【韓国】
韓国語の学習および英語・韓国語で行われる正規科目履修


【台湾】
中国語の学習および英語・中国語で行われる正規科目履修
 

【中国(マカオ)】
主に英語で行われる科目履修

全額免除 全額納入
認定留学 各大学による 全額納入 全額納入

留学に必要な費用の目安

渡航にかかる費用

  • 往復航空運賃
  • パスポート・ビザ申請料
  • 海外旅行保険料
  • 予防接種・健康診断費 など

留学先大学にかかる費用

  • 出願料(入学金)
  • 授業料
  • テキスト費
  • 施設設備費
  • アクティビティ費
  • 国や大学が加入を義務づけている保険料 など

現地での生活費

  • 滞在費(寮費)
  • 食費
  • 交通費・旅費
  • 通信費
  • 医療費
  • 雑費 など

留学中の単位を一部認定

長期留学プログラムにおいては、留学先の大学で修得した単位の一部(上限があります)を、卒業に必要な単位として認定が可能です。この制度を活用すれば、休学の必要がなく、最短4年間で卒業することが可能となります。

文学部英文学科オリジナルの半期留学プログラムを実施!

英語能力の向上と異文化理解促進のため、英文学科独自のプログラムとして2回生後期に、半年間英語圏に留学できるプログラムを設置。留学提携先を厳選し、個々の実力や目的に応じたプログラムを用意するとともに、事前の準備から留学後のフォローアップまで切れ目なく支援し、留学先での貴重な体験を着実な成果につなげます。

トータル支援

[主な留学先]

[英国] サセックス大学
[米国] チャタム大学
[カナダ] アルバータ大学
[豪州] ウエスタン・オーストラリア大学

現代社会学科独自の留学プログラム

外国語運用能力と外国語による専門知識の習得及び異文化理解の促進を図るため、現代社会学科独自のプログラムを設けています。自身の学修状況にあわせて、2回生後期から4回生前期までの期間に、半年または1年間留学できる制度になっています。

01.短期英語研修

グローバル化が進むいま、外国語、特に英語は、ビジネスはもちろん観光やプライベートなどさまざまなシーンで必要となってきます。そのため、現代社会学科では、1回生の時に短期の英語研修の機会を設けています。研修に参加し、所定の成績を収めた場合、単位が認定されます。

2021年度英語研修実施予定

<春>ビクトリア大学(約1ヵ月間)
English Language Centre

世界各国の留学生と一緒に、レベル別の少人数クラスで英語と異文化を集中的に学び、語学力の向上をめざします。現地滞在中はホームステイをするため、英語漬けの毎日を過ごすことができます。

02.学科独自の留学プログラム

グローバルな視野と世界基準の広い教養を備えることは、これからの社会を生き抜く若い世代に不可欠です。現代社会学科では、外国語運用能力と外国語による各学問領域での専門性の向上、そして異文化理解の促進を図るため、独自の留学制度を設定。この留学制度を利用することで、4年間での卒業をめざすことができます。2回生後期から4回生前期までの期間に半年または通年のプログラムを用意し、学生たちの学ぶ意欲をサポートしています。

体験者の声 -Voice!-

世界各国の学生と友だちになれました。
留学先:韓国・亜州大学(約4ヵ月)

現代社会学科 国際社会専攻 3回生 Y.Nさん

留学したいと思い始めてから、交換留学の選考通過に必要なことを考え、逆算して計画を立てました。留学の目標は、異文化理解と韓国語の表現力を身につけること。実際には、これ以外にもコミュニケーション能力や行動力など、さまざまな点で成長できたと感じます。寮生活やサークル活動などでの楽しい思い出や世界各国の友人を得られ、苦手意識が強かった英語にも挑戦したいと思うように。韓国語能力試験6級の取得をめざした勉強も続けます。

語学学習・留学支援

留学の可能性を広げるTOEFL ITP®テスト デジタル版

TOEFL ITP®テスト デジタル版は団体受験を対象としたオンライン方式の試験で、自宅で受験することができます。本学では年間6回実施する予定です。スコアは公式ではないため用途は限られますが、英語圏の多くの大学では、留学申請者にTOEFL ITP®のスコアの提出を要求しています。本学の協定大学留学でも、TOEFL ITP®スコアで出願できる大学があります。

2021年度年間予定 定員(人)
5月15日(土) 60
6月26日(土) 60
9月8日(水) 60
10月16日(土) 60
12月18日(土) 60
2022年 2月9日(水) 60