障がい学生支援

入学志願者に対する配慮

入学センターでは、障がいのある方が受験を希望された時点で、当該受験生が入学した場合の学生生活や履修に関して大学ができる支援内容を受験生に説明しています。また、受験時の配慮につとめています。受験を希望される場合は、事前に入学センターへお問い合せください。 さらに、当該受験生の入学が決定した時点で、入学先学科教員、入学センター、学生生活センター及び教務課の職員が入学前面談を実施し、本人及び保護者から希望する事項や施設・設備について相談を受付けています。

障がい学生支援チーム

入学後は、障がい学生支援チームが総合窓口となって、教員、学生生活センター、教務課、進路・就職課、健康管理センター及び学生相談室など複数の部署が連携して、障がいの程度に応じて個別に必要なサポートを行っています。

支援状況について

修学支援

現在、在学中の聴覚障がいの学生に対して、1授業につき2人の学生ボランティアが、講義の聞き取り、講義内容やその場の会話などをノートテイクもしくはパソコンテイクで伝えるサポートを行っています。なお、ノートテイクが初めての学生ボランティアには「ノートテイカー養成講座」(初心者講座)を実施しています。その他、障がいの内容・本人の希望に応じて、授業担当教員、学部・学科と連携してサポートしています。

就職支援

障がい学生支援チームと進路・就職課が連携し、障がい者枠の求人紹介、障がい者支援施設等の就職セミナー案内や参加希望の確認、パンフレット等の設置などを行い、障がいの状況に合わせた模擬面接や相談等きめ細かい支援を行います。

施設・設備のバリアフリー化

平成4(1992)年に竣工したJ校舎以降の校舎等は、バリアフリー化を図り、車椅子対応エレベータ、スロープ、多目的トイレ、点字ブロック、点字サイン等を設置しています。
また、近年実施している改修工事においては、キャンパス内のバリアフリー化をめざして、スロープの改修、自動扉やエレベーターの設置、多目的トイレの整備等に取り組んでいます。

平成20年度:B・C・D・E校舎と中庭の段差解消、スロープ新設等
平成21年度:L校舎1階に多目的トイレを整備
平成24年度:C校舎1階・3階に多目的トイレを整備、C校舎玄関扉を自動扉に改修、L校舎1階西側出
                  入口扉を自動扉に改修
平成25年度:B校舎玄関扉を自動扉に改修、K校舎1階に多目的トイレを整備、K校舎中庭にエレベー
                  ターを設置、J校舎玄関扉を自動扉に改修
平成26年度:B校舎2階に多目的トイレを整備
平成27年度:体育館玄関扉を自動扉に改修
 
 

このページの先頭へ