京都女子大学京都女子大学

奨学金制度

京女独自の奨学金制度を設置。
京女では、成績優秀者や家庭の経済的事情を抱える人をバックアップする各種奨学金制度を設けています。本学独自の給付型奨学金は返済不要です。

入学前予約採用型奨学金(給付)

一般入学試験前期を受験し、本学への入学を第一志望としているが、経済的理由により修学が困難な受験生を支援します。

成績優秀特別奨学生制度(給付)

特に成績優秀な学生を対象とした奨学金制度で、1号と2号の2種類があります。

1号特別奨学生

入学試験(一般入試前期A方式)の成績が優秀な学生(学科・専攻ごとに上位7%以内)が対象で入学年度の後期に給付します。

2号特別奨学生

入学後の成績が優秀な学生(2~4回生で学科・専攻の上位7%)が対象で採用年度の後期に給付します。

京都女子大学奨学金(給付)

経済的理由で学業を続けることが困難になった学生に対し、本学が奨学金を給付して修学を援助する制度です。家計や成績などが選考基準で、面接を行い、人物・健康・成績・学費支弁の困難度などを検討した上で採用を決定します。

京都女子大学育友会奨学金(給付)

京都女子大学の保護者会である育友会の寄付金を基金として運用しています。 特に経済的理由で学費の支弁が困難になった者に対し、奨学金を給付して修学継続の一助とすることを目的としています。他の奨学金との併願もできます。

日本学生支援機構奨学金(貸与)

独立行政法人 日本学生支援機構は、国の育英奨学事業を行う機関です。奨学金は主に政府からの借入金および卒業生からの返還金によって運用されています。人物・成績が優れ、経済的に修学困難な者に学資貸与されるもので、卒業後は返還しなければなりません。「第一種(無利子貸与)」と「第二種(有利子貸与/卒業後借用金額に上限年利3%の利子)」があり、例年、本学からも多数採用されています。

日本学生支援機構奨学金(給付)

日本学生支援機構が、経済的理由により進学を断念せざるを得ない者の進学を後押しするため、平成29年度入学生からを対象に実施する給付型の奨学金です。平成30年度以降入学生は高校等を通じて申請することになります。

地方公共団体・民間団体の奨学金(給付/貸与)

各都道府県の教育委員会や民間団体などが実施する奨学金制度もあります。例えば、教育委員会の奨学金は「その都道府県に住所を有する者の子弟」を出願資格とするなど、それぞれに給付・貸与の別、金額や条件などが異なります。

奨学金一覧 (2018年度)

名称・種類 金額 受給者数(2017年度)
成績優秀特別奨学生制度 特に成績優秀な学生を対象とした奨学金制度で、1号と2号の2種類があります。 1号特別奨学生
入学試験(一般入試前期A方式)の成績が優秀な学生(学科・専攻ごとに上位7%以内)に入学後1年間給付。
給付 440,000円 33人
2号特別奨学生
入学後の成績が優秀な学生(2~4回生で学科・専攻ごとに成績上位者7%)が対象で採用年度の後期に給付します。
給付 150,000円 170人
京都女子大学入学前予約採用型奨学金 一般入学試験前期を受験し、本学への入学を第一志望としているが、経済的理由により修学が困難な受験生を支援します。給付は入学年度1回のみ。 給付 250,000円※詳細は本学ホームページにてご確認ください。(8月公開予定) 3人
京都女子大学奨学金 経済的理由で学業を続けることが困難になった学生に対し、本学が奨学金を給付して修学を援助する制度です。面接を行い、人物・健康・成績・学費支弁の困難度などを検討した上で採用を決定します。 給付 当該学期の授業料の全額相当額
当該学期の授業料の半額相当額
100,000円
50,000円
160人
京都女子大学育友会奨学金 京都女子大学の保護者会である育友会からの寄付金を基金として運用しています。特に経済的理由で学費の支弁が困難になった者に対し、奨学金を給付して修学継続の一助とすることを目的としています。ほかの奨学金との併願もできます。 給付 50,000円 1人
日本学生支援機構奨学金 主に政府からの借入金及び卒業生からの返還金によって運営されています。人物・成績が優れ、経済的に修学困難な者に学資貸与されるもので、卒業後は返還しなければばなりません。「第一種(無利子貸与)」と「第二種(有利子貸与/卒業後借用金額に上限3%の利子)」があり、例年、本学からも多数採用されています。
※貸与月額は選択制ですが、一部所得要件があります。
第一種奨学金(無利子) 貸与 [月額]
自宅通学者/
20,000円・30,000円 40,000円・54,000円

自宅外通学者/
20,000円・30,000円 40,000円・50,000円 54,000円・64,000円
785人
第二種奨学金 貸与 [月額]
20,000円~120,000円
1023人
国費を財源として、優秀な学生で経済的に修学困難な学生の進学を後押しするため、返還義務のない奨学金を交付するものです。高等学校等で申込みをし、本学で所定の手続きを行って初めて正式に給付奨学生として採用されます。 給付奨学金 給付 [月額]
自宅通学者/30,000円
自宅外通学者/40,000円
7人
地方公共団体・民間団体の奨学金 各都道府県の教育委員会や民間団体などが実施する奨学金制度もあります。例えば、教育委員会の奨学金は「その都道府県に住所を有する者の子弟」を出願資格とするなど、それぞれに給付・貸与の別、金額や条件などが異なります。 各県・市町村育英会、教育委員会等奨学金、本願寺派教学助成財団 など 10人(新規採用)
※上記の一覧の内容は、2019年度以降変更となる可能性があります。