学生広報チーム「パレット」公式instagramアカウント

LINE

京都女子大学 京都女子大学

授業紹介

国文学特殊講義3B

限られた時間の中で何度も練習して仕上げました

国文学特殊講義3Bでは、狂言一曲を通して練習・実演を行っています。
狂言《口真似》は次のような内容です。
良い酒をもらった主人が、召使いである太郎冠者に、一緒に酒を飲める人を呼んでくるよう命じます。
ところが太郎冠者の連れて来た人は、酒癖が悪く、酔うと刀を抜くような人。
適当にもてなして帰そうと、粗相のないように、太郎冠者には自分の「言うようにせよ」と命じます。ところが「言うようにする」という意味を取り違えた太郎冠者は、主人の言ったことをそのまま口まねするばかり。
連れてこられた客も巻き込まれて、戸惑います。
後半の三人の掛け合いは、この曲の見せ場ですが、息が合わないとうまくいかないので、演じる上で難しいところです。限られた時間の中で何度も練習して仕上げました。

科目ピックアップ

  • 講読近代

    明治期の女性作家・田澤稲舟の作品を通して、精読方法、先行研究の扱い方、同時代資料などの調査と、それらを作品読解に反映させる方法を身につけます。

  • 国文学特殊講義3

    狂言の歴史などを学ぶとともに、狂言の実演を体験するワークショップを行い、一つの作品を仕上げます。実演を通して狂言の本質とその魅力に対する理解をよりいっそう深めます。

  • 演習Ⅰ (国語学)

    出身地(最もなじみの深い土地)の方言について音声・音韻、語句、文法など、さまざまな観点から調べたことを発表。分析や質疑応答で理解を深めます。

  • 基礎演習A

    文学作品の舞台となった京都や近郊の場所・古跡について、自分で文献や現地を調査して発表します。古典から近現代まで文学作品にしばしば登場する京都の文学的風土を実感するため、平家物語ゆかりの六波羅蜜寺界隈や清閑寺などへ出向いて現地踏査も行い、文学や京都への関心を深めていきます。

  • 講読中世B

    狂言の歴史や性質への理解を深め、江戸時代に書かれた台本を中心に作品を読み解いていきます。また実際の舞台映像なども用いて、学びをより深めます。

  • 書道B

    「書」がなぜ芸術として評価されるのかを考えながら、隷書や行書を実際に筆で書きます。隷書は後漢の碑や木簡を、行書は宋の時代などの書物をお手本に練習します。