受入手続き

1.受託研究・共同研究の受入れ

  1. 企業等の学外機関から「受託研究申込書」又は「受託(共同)研究申込書」を学長宛(学部事務課)に提出。
  2. 受託研究を担当する本学教員(研究者)より、学部長等を経て学長に「受託研究受入願」を提出。
  3. 部局長会への諮問を経て学長が受入を決定。
  4. 受託研究契約書、共同研究契約書の締結(学長名)。
  5. 本学より請求書を学外機関に送付。
  6. 学外機関から、請求書記載の口座へ研究経費の振込。

受入れの流れ

  1. 大学へ財団・企業から受託等研究の申込み
  2. 研究者から学長宛に受託研究受入願の申請
  3. 部局長会付議を経て学長決定
  4. 学長と財団・企業等と契約書を交わす

2.研究寄付金の受入れ

概要

  • 研究寄付金は、企業等から研究の奨励を目的として受け入れる寄付金です。本学の教育研究上有意義であり、かつ、本学の教育研究に支障を及ぼすおそれがないと認められるものに限り、受け入れられます。
  • 研究寄付金は「特定公益増進法人寄付金」もしくは私学事業団による「受配者指定寄付金」として取り扱われます。
    詳細については「京都女子大学研究寄付金取扱規程」をご参照ください。

受入れの原則

次のような条件が付されているものは、受け入れることができません。

  1. 研究寄付金により取得した財産を無償で寄付者に譲与すること
  2. 寄付者が研究寄付金の使途に関し会計監査等を行うこと
  3. 研究寄付金による学術研究の結果得られた知的財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権及び著作権等)を寄付者に無償で譲渡し、又は使用させること
  4. 寄付申込み後、寄付者の意思により研究寄付金の全額又は一部を取り消すことができること

お申込み

  • 寄付をお考えの場合は関連する教員とご相談のうえ、教務部学部事務課にお問い合せください。
  • 「研究寄付金申込書」に所定の事項を記載し、教務部学部事務課にご提出ください。
  • 「受配者指定寄付金」の場合は、別途必要となる書類があります。

経費

研究寄付金は、寄付の趣旨に基づいて学術研究に使用する直接経費と、間接経費の合計額です。執行可能額は、間接経費として、研究費の10%を差し引いた額です。

問合せ先

京都女子大学

教務部学部事務課

TEL:075-531-7045


このページの先頭へ