現代社会学部に新たな3専攻が誕生します。

new

  • 国際社会専攻
  • 現代社会専攻
  • 情報システム専攻

定員が240名から290名に増えました!

現代社会の様々な問題を、多角的に読み解く現代社会学部。
学びたい方向性を明確にし、より具体的な目標を設定できるよう2017年度より3つの専攻、
7つのクラスターからの選択制度が誕生。

京都女子大学現代社会学部なら、
あなたらしく学ぶことができます。

あなたの興味はなんですか?

  • 大学在学中に海外留学が夢
  • 海外・国内問わず旅行が好き
  • 将来は外国で働いてみたい
  • 流行はチェックしている
  • 経済の仕組みに興味がある
  • 歴史も現代社会も気になる
  • 新しいモノ好きだと思う
  • IT企業に興味がある
  • スマホアプリをつくってみたい

京都女子大学現代社会学科の新しい学びスタイル

より深く、広く学べる3専攻

学びたい方向性を明確にし、より具体的な目標を設定できるよう、2017年度より3専攻にわかれて学修できるようになりました(2018年度以降は、専攻別に入試を実施する予定です)。
アプローチ科目やクラスター科目、そしてプログラム科目の組み合わせ次第で学びを充実させることができます。