教育学科 教育学専攻 新着情報

2017年10月27日

教育実習巡回指導先の小学校で、2年目の教育学専攻卒業生に会いました

久し振りの秋晴れで、気持ちの良いお天気だった昨日、教育実習の巡回指導に行ってきました。

国語の中学・高校免許を取得中で、国語の先生を目指す実習生は、小学校3年生の「慣用句」の授業をさせて頂いていました。「猫の手も借りたい」「目からうろこ」など、日本語って本当に素敵ですね。ちねみに小学3年生が「喉から手が出るほど」ほしいのは、スウィッチ(ゲーム?)だそうです。

訪問した小学校に、教育学専攻を卒業して2年目の先生がおられました。様子を見に行くと、1年生の給食指導をしていました。校長先生や教頭先生はじめ、京都女子大学を卒業してしばらく経った先生が訪問校にいらっしゃることは珍しくありません。今回は、若い先生が奮闘する姿に出会えて、とてもうれしく思いました。「胸が熱く」なりました。

難しいテーマでしたが、子どもたちみな集中して授業を受けていました


このページの先頭へ