京都女子大学 京都女子大学

TOPICS

1—児童学科音楽隊—
演奏活動を通して、地域の子どもたちと触れ合う。

子どもたちの笑顔がうれしい!
児童学科では、2006年に学生有志による「音楽隊」が結成され、京都市内の児童館、保育所を中心に、コンサートを行ってきました 。音楽隊は管楽器と電子楽器類を組みあわせた演奏に定評があります。音楽ゼミでも音楽付きのパネルシアターや、トーンチャイムを使った演奏などに取り組み、訪問コンサートを実施しています。これは子どもたちと触れあう貴重な機会となっています。

2—ワクワク工作キャラバン—
子どもと一緒に、玩具づくり。

2012年度より、矢野ゼミの学生を中心に活動を開始したワクワク工作キャラバン。京都幼稚園をはじめ、京都市内外から依頼のあった幼稚園・保育所に出向いて、子どもたちと玩具などの作品をつくって遊びます。秋の藤花祭(大学祭)の「こどもひろば」などでも、手づくり玩具コーナーの企画・運営を行っています。

3—親子支援ひろば「ぴっぱらん」—
遊びを通して豊かな親子関係をつむぐ。

児童学科では、「こどももおとなも いきいきと遊び、豊かな親子関係をつむぐ」 をコンセプトに、乳幼児期の親子を対象とした2つの活動を展開しています。①「ぴっぱらんど」では、親子が良質な空間と玩具でゆったりと遊べるよう工夫し、学生はひろく親子と関わる経験を積んでいきます。 ②「ぴっぱらんシリーズ」は、親子分離を基本とした、より専門的な活動です。幼児の遊びを学生が1対1で向き合いながら連続してサポートする一方で、保護者には、臨床心理学を応用したプログラムを提供しています。学生たちは、ぴっぱらん活動を通して多様な専門領域の協働による実践力を磨き、学びと研究を深めています。

4—幼稚園と連携したワークショップ—
京都幼稚園との連携で、保育の経験知を高める。

実践的な経験ができます!
京都女子大学の幼児教育機関である京都幼稚園と連携し、実践的な学びの場を設定。子どもたちとさまざまな活動に取り組むワークショップを通し、学生たちは保育の経験知を高めます。