京都女子大学 京都女子大学

学びと特長

児童学科 学びのポイント

子どもを理解する4領域を広く学び、かつ、1つの選択領域の専門性を追究。

児童学の4領域、発達、保健、文化、表現活動について幅広く学修。それらを総合し、子どもを多面的に捉え、子どもを取りまく諸問題に取り組む力や保育者に必要な知識と技能を修得します。さらに3回生から所属するゼミで選択領域の専門的な力を高め、卒業研究に取り組みます。

科目例

表現学 児童表現学・幼児と表現・児童音楽・児童図工・音楽あそび など
発達学 発達心理学・幼児と人間関係・子どもの認知発達 など
文化学 児童文化学・多文化教育論・絵本論・児童文化活動論・おもちゃ研究 など
保健学 生理学演習・幼児と健康・児童栄養・児童体育・児童保健学演習 など

カリキュラムは、上記の科目に加え、「保育」および「幼児教育」に関する専門科目で構成。

保育現場や子育て支援活動に参加する機会が多数 !

音楽を演奏する「音楽隊」、人形劇を上演する人形劇団「たんぽぽ」、ワクワク工作キャラバンなどが、保育現場や子育て支援の現場で活動します。それらの活動を通して、子ども理解や文化活動・子育て支援活動を企画し、実践する力を身につけるとともに、その意義を考えます。

保育所・幼稚園・児童福祉施設での実習で実践力が養える。

教育・保育実習では、事前指導などで心得や達成目標を確認。実習後にも課題を振り返り、成果を実践力につなげることができます。

実習スケジュール

  2回生 3回生 4回生
保育実習 指定保育所/施設 各自が選択した保育所  
    指定幼稚園 各自が選択した幼稚園

※保育士資格や幼稚園教諭免許を取得するには、指定科目のほか学外実習を2回履修する必要があります。

1回生から少人数体制ゼミで理論と実践を学ぶ。

少人数体制のゼミ教育で、4年間きめ細かく指導。4領域の基礎知識や文献の検索や調査方法を学び、各自で関心のあるテーマについて卒業研究を進めます。

学びの領域

子どもに関わる多様な分野で活躍する総合的な学びを展開

児童学科で取得できる教員免許・資格

  • 保育士
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 社会教育主事(任用)
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員
  • 情報処理士