京都女子大学 京都女子大学

法学研究科

修士課程

法学研究科法学専攻(修士課程)

本研究科の教育目標を踏まえつつ、本研究科では、自治行政、企業法務、国際機関さらにはパラリーガルの領域において高い知見を持つ人材を育成するために、それらの領域に進む人材に対応した履修モデルを用意しています。それらの履修モデルで学修を進める法的基礎学力を有するとともに、ジェンダー視点やグローバル基準としての人権理解に強い関心を有する人材を求めます。
また、公共法務、企業法務およびジェンダー法に関連する科目に関して、社会人の再教育を担うことも本研究科のもう一つの目的です。働きながら学びキャリアアップを望む社会人に門戸を開くために、平日6講時(18時10分~19時40分)および土曜日開講を実施します。入学試験では、社会経験や研究計画書などを重視した社会人選考を実施します。