法学部

法学部 法学科 入学者受入れの方針

日本文化の中心であり続ける京都の地において、法学や政治学等の大学教育によって大きく成長し、法学部法学科学士課程における学びを達成して、京都女子大学「学位授与の方針」に定めた能力を修得するための基礎的学力・素養・態度を身につけた学生を求めます。
入学前には、本学の教育理念について理解し、この法学部法学科「入学者受け入れの方針」の記載事項に留意して、広く深い学びを重ねるとともに、学びの目的意識と意欲とを確かなものとしておいてください。

  1. 法学や政治学等に強い興味と関心とを抱き、関連する教科の学びを実質的に修得できており、知識・技能、思考力・判断力・表現力を身につけている必要があります。
    *自己の考えを論理的に表現・説明できる能力の基礎が、特に必要です。
  2. 法学や政治学等の分野の問題について関心をもち、幅広い経験を通して学んだことも必要です。
  3. 国内外の社会情勢や多様な問題に関心があり、法学や政治学等の分野で学んだことを活かしてそれらに取り組む意欲があることが必要です。
  4. 主体性や多様性、協調性を身につけていることも必要となります。
  5. 修得した知識・技能を用いて社会に貢献する意欲も必要となります。