文学部

文学部 入学者受入れの方針

幅広く言語や文学・文化、歴史に興味や関心を持ち、大学における専門教育によって大きく成長するための基礎的学力を身につけた学生を求めています。入学前には、本学の教育理念について理解し、各学科の入学者受入れの方針の記載事項に留意して、学んでおく必要があります。

文学部 国文学科 入学者受入れの方針

幅広く日本の言語や文学・文化、歴史に興味や関心を持ち、国語という言葉が好きであり、大学における専門教育によって大きく成長するための国語科の基礎的学力を身につけた学生を、国文学科は求めています。入学前には、本学の教育理念について理解し、古典や漢文を含めて国語に習熟するだけでなく、日本史や日本地理、中国史や朝鮮半島史についても、基本的な事項を学んでおく必要があります。

公募制推薦入試

自己推薦方式(併願制)の入試で、国語の適性検査(マークシート式)に加え、書類審査で調査書による成績と、志望動機や高校在学中の課外活動・各種資格(特に文化活動に関する資格と生徒会活動や部活動の実績を重視)を評価します。
高校時の成績や諸活動を重視する方式と国語の基礎学力を重視する方式とがあり、いずれも高校時の様々な活動や努力を評価するため、充実した高校生活を送って幅広い教養を身につけておいてください。

一般選抜

一般選抜には、本学独自試験を課す一般入試(前期、後期)、センター試験の得点を利用するセンター利用入試(前期、後期)があります。
3科目型、2科目型、センター試験の得点を利用する方式があり、解答方法は入試制度によって記述式、マークシート式の2種類がありますが、いずれも国語を中心に各科目の理解度及び高校での学習が十分に達成できているかを見ます。国語は現代文・古文が中心ですが、センター試験の得点を利用する場合、国語の全得点(古文・漢文を含む)を利用しますので、漢文の学習にも力を注いでください。

社会人特別選抜

社会人として豊かな経験とすぐれた見識をそなえ、学業への意欲が高く、幅広く日本の言語や文学・文化、歴史に興味や関心を持つ学生を求めています。選抜では、国語の適性検査(マークシート式)に加え、自己推薦書による書類審査と面接で評価します。国語の基礎学力を身につけるとともに、学ぶ分野への熱意や意欲を明確にしておいてください。

一般編入学試験

日本の言語や文学・文化、歴史に関連した分野に興味があり、その分野を深く学びたいという意欲的な学生を求めています。国語・国文学(漢文を含む)に関する筆答試験で評価しますので、国語・国文学(漢文を含む)に関する基礎学力と応用力を身につけておいてください。

文学部 英文学科 入学者受入れの方針

幅広く世界の言語や文学・文化、歴史に興味や関心を持ち、何より英語や英米文学・文化が好きで、大学における専門教育によって大きく成長するための英語の基礎的学力を身につけた学生を、英文学科は求めています。入学前には、本学の教育理念について理解し、英語の文法、語彙等に習熟して英語の文章が読めたり書けたりするというだけでなく、会話力も磨き、また世界史や世界地理についても基本的な事項を学んでおく必要があります。

公募制推薦入試

自己推薦方式(併願制)の入試で、英語の適性検査(マークシート式)に加え、書類審査で調査書による成績と、志望動機や高校在学中の課外活動・各種資格(特に英検2級以上、6ヶ月以上の英語圏での在学と留学経験を重視)を評価します。
高校時の成績や諸活動を重視する方式、英語の基礎学力を重視する方式、英語による個人面接で英語検定準1級以上の語学力をみる方式があり、いずれも高校時の様々な活動や努力を評価するため、英語を中心に目的意識を持って勉強し、幅広い教養を身につけておいてください。

一般選抜

一般選抜には、本学独自試験を課す一般入試(前期、後期)、センター試験の得点を利用するセンター利用入試(前期、後期)があります。
2科目型、センター試験の得点を利用する方式があり、解答方法は入試制度によって記述式、マークシート式の2種類がありますが、いずれも各科目の理解度及び高校での学習が十分に達成できているかを見ます。センター試験の得点を利用する方式と一般入試(後期)では、英語の得点を倍換算するなど、文法・英作文・長文読解等の基礎的な英語の学力を重視します。

社会人特別選抜

英語の適性検査(マークシート式)に加え、自己推薦書による書類審査と個人面接が行われます。志望動機及び実社会や家庭での経験や活動・各種資格(海外での在住経験や、英検やTOEIC、TOEFL等英語に関わる資格を重視)を評価します。社会人としての様々な活動を評価する選抜ですが、英語を中心に目的意識を持って勉強し、幅広い教養を身につけておいてください。

一般編入学試験

一般編入学試験では、英文読解及び英語表現に関する筆答試験を行います。入学後に上級学年の授業に参加し、卒業研究を遂行するのに必要な英語学力が要求されますので、英語の文献を読みこなすだけの高い英語読解力と自分の研究内容を英語で表現するのに十分な英作文の基礎学力を重視します。

文学部 史学科 入学者受入れの方針

幅広く世界の政治や経済、文化に興味や関心を持ち、旺盛な知的好奇心をもって積極的・意欲的に歴史を学ぶことを目指し、人間社会の多様な営みを多面的・総合的に把握するために、柔軟で論理的な思考力を身につけている学生を、史学科は求めています。入学前には、本学の教育理念について理解し、日本史、世界史だけでなく、地理についても基本的な知識を身につけておく必要があります。

公募制推薦入試

自己推薦方式(併願制)の入試で、適性検査と書類審査の合計点により、合否を判定します。
文章読解のための十分な国語力と歴史・地理に関する基本的な知識を持ち、自分の考えを論理的でわかりやすく文章に表現できるかをみる小論文方式と国語及び英語の基礎学力を重視する方式(マークシート式)とがあり、加えて書類審査では調査書による成績と、志望動機や高校在学中の課外活動・各種資格を評価します。
いずれも高校時の様々な活動や努力を評価するため、充実した高校生活を送って幅広い教養を身につけておいてください。

一般選抜

一般選抜には、本学独自試験を課す一般入試(前期、後期)、センター試験の得点を利用するセンター利用入試(前期、後期)があります。
3科目型、2科目型、センター試験の得点を利用する方式があり、解答方法は入試制度によって記述式、マークシート式の2種類がありますが、いずれも各科目の理解度及び高校での学習が十分に達成できているかを見ます。高等学校の日本史ないし世界史、国語、英語を十分に理解するとともに、歴史・社会・文化などに強い関心を持っていることが求められます。

社会人特別選抜

適性検査及び自己推薦書による書類審査と面接の合計点により、合否を判定します。適性検査としては、文章読解のための十分な国語力と歴史・地理に関する基本的な知識を持ち、自分の考えを論理的でわかりやすい文章に表現できるかをみるために、歴史に関する小論文を課しています。書類審査では自己推薦書にもとづいて審査し、志望動機や社会における活動・各種資格などを評価します。面接は適性検査の結果と提出書類を参考にしながら行います。
社会人ならではの豊かな知識と経験をもった人物を求めています。

一般編入学試験

編入を希望するコース(日本史・東洋史・西洋史)への志望動機を確認するとともに、各コースにおける2年次相当の学力・知識を身につけているかどうかを判定します。そのため、希望コースに関する筆答試験(学科試験・文献読解)と、専門科目に関する口述試験(面接)を実施します。希望コースに関する知識とともに、日本史コース希望者は古文、東洋史コースは漢文、西洋史コースは英文の読解力を十分に高めておいてください。