現代社会学部

以下は平成29年度の内容です。平成30年度の詳細は、6月頃決定し公表予定です。

現代社会学部 現代社会学科 入学者受入れの方針

現代社会学科では主体的に学ぶ意欲のある学生を求めています。具体的には次のような人を求めています。

  1. 責任ある社会人として積極的なキャリア形成を目指す人
  2. 社会に関する様々な情報を鵜呑みにせず、科学的な情報収集・分析力と、信頼される情報発信力を磨きたい人
  3. 情報処理、社会調査、コミュニケーションの技法を修得したい人
  4. 社会問題の多様な原因を深く追求しその対処方法を考え出す作業を、人々と協働してやり遂げる力を伸ばしたい人

入学前には、本学の教育理念について理解し、高校での基本とされる科目をしっかり勉強し、幅広い視点から深い洞察力を身につけておく必要があります。

AO入試

現代社会学部では、現代社会に対する鋭い問題意識と理解力を持ち、みずからの力でテーマを選びとり、そのテーマ追究をしようとする学生を求めています。
特にAO入試では、教員とのコミュニケーションを通して積極的に社会の諸課題に取り組む意欲を評価し、入学後には中心的存在として、様々な活動にチャレンジする活発な学生を求めます。

公募制推薦入試

自己推薦方式(併願制)の入試で、英語または国語・英語のいずれかの適性検査(マークシート式)に加え、書類審査で調査書による成績と、志望動機や高校在学中の課外活動・各種資格を評価します。
高校時の成績や諸活動を重視する方式と国語や英語の基礎学力を重視する方式とがあり、いずれも高校時の様々な活動や努力を評価するため、充実した高校生活を送って幅広い教養を身につけておいてください。

一般選抜

一般選抜には、本学独自試験を課す一般入試(前期、後期)、センター試験の得点を利用するセンター利用入試(前期、後期)があります。
3科目型、2科目型、センター試験の得点を利用する方式があり、解答方法は入試制度によって記述式、マークシート式の2種類がありますが、いずれも国語や英語を中心に、各科目の理解度及び高校での学習が十分に達成できているかを見ます。
また、センター試験の得点を利用する入試では、3教科型、5科目型があり、大学入学後に必要となる幅広い基礎学力を評価します。

社会人特別選抜

「英語」または「英語と国語」の適性検査に加え、書類(自己推薦書)審査及び面接が実施されます。志望動機、これまでの社会活動の内容、現代社会に対する問題意識の持ち方及び基礎学力を評価します。

一般編入学試験

現代社会の諸問題に強い関心を持つ学生を募集しています。現代社会に関する問題提起力と、英語論説文の読解能力を評価します。