現代社会学科 教育目標等

現代社会学部 現代社会学科 教育目標

現代社会学科では、多様化、多層化、複雑化した「現代社会」に関する幅広い知識を身につけ、社会問題を多角的に認識する方法を学びます。

その上で演習・実習・卒業論文執筆を通して、特定の社会問題に対する自らの関心と問題意識を明確化し、主体的に認知する力、他者との相互理解に努める力を養い、仏教精神を基にして他者と創造的に協働しつつ、自ら課題を発見し、高い倫理観と責任感をもって想定外の困難に対しても立ち向かえる、グローバルな人材の育成を目指します。

卒業後には、一般企業をはじめ、官公庁、自治体、NGO・NPOなどで、現代社会についての深い素養を生かして活躍できるよう期待しています。

現代社会学部 現代社会学科 学位授与の方針

現代社会学科では、講義科目、演習科目、実習科目を通して、真に主体的な認知的能力や、的確かつ豊かな表現力を身につけ、グローバルな視点を伴う、他者との対話・相互理解や協働する力につなげます。最終的には、生涯を通じて学び続ける能力を築きます。

(1)知識・理解

現代社会についての広い社会的関心と教養を有し、深い専門的知識を修得している。

(2)技能・表現

少人数での演習、実習、講読などを通して、主体的で批判的・合理的な思考を展開できるだけでなく、他者(異文化を含めて)との相互理解に努め、組織の中でも創造的に協働していける。

(3)態度・志向性

建学の精神を深く理解し、生涯にわたって学び続けるために、豊かな人間性と高い倫理観を備え、社会的責務に対する自覚を有している。

(4)統合的能力

上記(1)~(3)の学修成果を総合的に活用して、自ら主体的に課題を発見し、その課題が想定外のものであっても、それを分析・解決することができる能力を身につけている。

現代社会学部 現代社会学科 教育課程編成・実施の方針

学位授与の方針に基づいて、現代社会学科では学びの領域を「人間・文化」「家族・地域社会」「情報・環境」「政治・公共政策」「経済・経営」という5つのクラスターに分けています。1年次では、「導入科目」と「アプローチ科目」を通して4年間の学修のための基本的視点と専門分野の基礎的知識を身につけます。2年次から、各自の問題関心に応じて2つのクラスターを選ぶ「ダブル・クラスター制」のもとで、現代社会の問題を考察する専門的知識を学びます。1年次から4年次まで全セメスターに配置されている少人数の演習授業において、現代社会の問題に取り組み、幅広い知識に基づく分析力・洞察力を養い、問題解決に向けて主体的にかつ協働で企画し実践する力を育成します。4年次には、4年間の学修を総合して指導教員の個別指導を受けつつ卒業論文を執筆し、生涯にわたって学び続ける能力の確立を目指します。また「国際理解」「情報」「社会調査」「ビジネス」の4つのプログラムで、実社会で活かせる発展的なスキルの育成を図り、知性と良識を兼ね備えた女性を育成します。


このページの先頭へ