発達教育学部 教育目標等

発達教育学部 教育目標

発達教育学部は、教育学科(教育学専攻・心理学専攻・音楽教育学専攻)と児童学科の2学科で構成されています。小学校や幼稚園の教諭、中学校・高等学校の音楽教諭、あるいは保育士など学科・専攻に応じた免許の取得を視野に入れて、人間の発達や教育に関わる諸問題に理論と実践の両面から取り組みます。教育に関する学びや社会や文化への関心を深めていくことで、主体的に認知する力、他者との相互理解に努める力を養い、仏教精神を基にして他者と創造的に協働しつつ、自ら課題を発見し、高い倫理観と責任感をもって想定外の困難に対しても立ち向かえる、グローバルな人材の育成を目指します。

発達教育学部 学位授与の方針

発達教育学部では、人間の発達や教育に関わる諸問題を幅広く学び、社会や文化への関心を深めていきます。また、現代社会の要請に応え、地域との連携を推し進めていくのにふさわしい知識やスキルを養っていきます。それらを基に、真に主体的な認知的能力や、的確かつ豊かな表現力を身につけ、グローバルな視点を伴う、他者との対話・相互理解や協働する力につなげます。最終的には、生涯を通じて学び続ける能力を築きます。

(1)知識・理解

広い社会的関心と教養を有し、人間の発達と教育についての深い専門的知識を修得している。

(2)技能・表現

人間の発達についての豊かな素養を踏まえつつ、教育や文化を深く学んでいくことで、主体的で批判的・合理的な思考を展開できるだけでなく、他者(異文化を含めて)との相互理解に努め、組織の中でも創造的に協働していける。

(3)態度・志向性

建学の精神を深く理解し、生涯にわたって学び続けるために、豊かな人間性と高い倫理観を備え、社会的責務に対する自覚を有している。

(4)統合的能力

上記(1)~(3)の学修成果を総合的に活用して、自ら主体的に課題を発見し、その課題が想定外のものであっても、それを分析・解決することができる能力を身につけている。

発達教育学部 教育課程編成・実施の方針

学位授与の方針に基づいて、人間の発達や教育にかかわる諸問題について幅広く知識や技能を修得し、各自が専門とする分野における目的が達成できるように、各科目の連携・関連を図ります。1年次には、学部共通科目や学科・専攻の科目を通して基礎的知識を身につけ、2年次には発展的科目で学びを深めます。3年次では各自の問題意識と取得を目指す免許・資格に応じて主体的に学習に取り組みます。4年次には、より専門的な知識・技能を養うとともに、4年間の学修を総合して指導教員の個別指導を受けつつ卒業研究を完成させ、生涯にわたって学び続ける能力の確立を目指します。


このページの先頭へ