家政学研究科 教育目標等

家政学研究科 教育目標

家政学研究科には博士後期課程として生活環境学専攻、博士前期課程として食物栄養学専攻、生活造形学専攻、生活福祉学専攻があり、それぞれ独自の教育目標を掲げて人材養成の基本方針を定め、それぞれの専攻が示す資質や能力を備えた者を育成します。学位取得後には、それぞれの分野における高度な専門的職業人及び教育・研究者として活躍できることを目指します。

家政学研究科 学位授与の方針

次の要件と資質を有している者に対して修士(食物学)、修士(家政学)あるいは修士(学術)、修士(生活福祉学)及び博士(家政学)あるいは博士(学術)の学位を授与します。

学位授与の諸要件

博士前期課程

大学院学則第12条に定める要件を満たし、あわせて別に定める学位論文審査基準を満たした者。

博士後期課程

大学院学則第12条の2に定める要件を満たし、あわせて別に定める学位論文審査基準を満たした者。

基本的な資質

(1)[知識・理解]

それぞれの専攻に関する、高度な専門的知識を修得している。

(2)[技能・表現]

(1)の高度な専門的知識を活用・応用する専門的能力を修得している。

(3)[態度・志向性]

建学の精神を深く理解し、豊かな人間性と高度な専門知識と幅広い視野を備え、生涯にわたり新しい価値を生み出していこうとする自覚を有している。

(4)[統合的能力]

上記(1)~(3)の高度な専門的知識や専門応用能力を統合的に活用することができ、グローバルな社会に対応できるコミュニケーション能力を身につけている。

家政学研究科 教育課程編成・実施の方針

家政学研究科には博士後期課程として生活環境学専攻、博士前期課程として食物栄養学専攻、生活造形学専攻、生活福祉学専攻があり、それぞれ独自の教育課程編成・実施の方針を掲げて教育・研究を行い、その研究の成果を博士・修士の学位論文として作成し、高度な専門的職業人及び教育・研究者としての能力の確立を目指します。


このページの先頭へ