京都女子大学 京都女子大学

家政学研究科

家政学研究科には博士後期課程として生活環境学専攻、博士前期課程として食物栄養学専攻、生活造形学専攻、生活福祉学専攻があり、それぞれ独自の入学者受入れの方針を掲げ、主体的に学ぶ意欲のある人材を求めています。

博士前期課程

食物栄養学専攻(博士前期課程)

食物栄養学専攻は、食品学、栄養学、食品衛生学、調理学の4研究分野において、その研究動向や実験・調査の原理を学び、正確な科学知識にもとづいて総合的に評価・分析する能力を身につけ、食を取り巻くさまざまな問題の解決に専門的に取り組み、コーディネートできる教育・研究者の育成を目標としています。そのために、大学院入学者選抜試験においては上記4分野における専門的知識・技術を有するすぐれた人材を求めます。

生活造形学専攻(博士前期課程)

生活造形学専攻は、造形意匠学、アパレル造形学、空間造形学の3研究領域において、それぞれの専門性を高めるとともに、生活造形に関わる様々な問題に対して総合的に解決できる能力を持って社会で活躍できる研究者・職業人を育成しようとするものです。そのために造形意匠学、アパレル造形学、空間造形学領域に関わる専門的知識または創造的能力を有するすぐれた人材を、大学院入学者選抜試験において求めます。

生活福祉学専攻(博士前期課程)

生活福祉学専攻は、家政学が探求してきた衣、食、住、健康等に関する生活学を基本に、介護、医学、そして福祉の知見を統合して生活を総合的かつ科学的な視点から研究し、快適な生活を創造するための方法や技術を身につけ、その成果を実践できる高度で専門的な能力を有する研究者・職業人の育成を旨とします。そのために、福祉的視点に立った自らの研究分野に関連する専門的知識を有し、今日的研究課題に取り組む意欲のある人材を、大学院入学者選抜試験において求めます。

博士後期課程

生活環境学専攻(博士後期課程)

生活環境学専攻(博士後期課程)は、食物栄養学または生活造形学の研究領域において、専門性の高い研究を深めるとともに、心豊かな生活環境の創造を目指して家政学研究の総合化を図り、高度の専門的知識を要求される職種において、幅広い見識を持って自在にその能力を発揮できる教育・研究者、さらにはその指導者の育成を目標としています。そのために、大学院入学者選抜試験においては上記領域ごとに専門的知識・技術を有するすぐれた人材を求めます。