家政学部 教育目標等

家政学部 教育目標

食物栄養学科では「食」と「健康」の専門知識を学び、管理栄養士の資格取得を目指します。生活造形学科では「造形意匠学」「アパレル造形学」「空間造形学」の3領域にわたって、科学的な視点から総合的に人間にとって快適な生活環境は何かを念頭に、実証的かつ論理的に学び深めます。生活福祉学科では、援助を必要とする人々を含むすべての「人」が、心豊かに生活できるよう「福祉」の問題を学びます。

このような専門性と同時に、主体的に認知する力、他者との相互理解に努める力を養い、仏教精神を基にして他者と創造的に協働しつつ、自ら課題を発見し、高い倫理観と責任感をもって想定外の困難に対しても立ち向かえる、グローバルな人材の育成を目指します。

家政学部 学位授与の方針

家政学部の各学科・領域において専門知識を修得し、選択した専門分野における技術・技能に対する幅広く専門的な知識を養います。それを基に、真に主体的な認知的能力や、的確かつ豊かな表現力を身につけ、グローバルな視点を伴う、他者との対話・相互理解や協働する力につなげます。最終的には、生涯を通じて学び続ける能力を築きます。

(1)知識・理解

広い社会的関心と教養を有し、他の学問領域にも通じつつ、専門分野の深い専門的知識を修得している。

(2)技能・表現

専門分野の豊かな素養を踏まえ、科学的な思考と研究手法を用いて、主体的で批判的・合理的な思考を展開できるだけでなく、他者(異文化を含めて)との相互理解に努め、組織の中でも創造的に協働していける。

(3)態度・志向性

建学の精神を深く理解し、生涯にわたって学び続けるために、豊かな人間性と高い倫理観を備え、社会的責務に対する自覚を有している。

(4)統合的能力

上記(1)~(3)の学修成果を総合的に活用して、自ら主体的に課題を発見し、その課題が想定外のものであっても、それを分析・解決することができる能力を身につけている。

家政学部 教育課程編成・実施の方針

学位授与の方針に基づいて、1年次から4年次までの全てのセメスターにおいて、一般教養・専門領域の中に少人数教育システムを取り入れ、幅広い知識や技術を身につけます。1年次には、大学共通科目の他に、専門基礎分野の専門科目が開講されます。2・3年次には専門基礎分野に加えて専門分野に関する科目が多数開講され、知識や技術を身につける上で最も充実した時期となります。3年次以降は、個々の将来の活躍の場を想定し、講義や校内・校外実習を履修することになります。また3年次前期ないし後期からは、卒業研究に備えた講義も始まります。4年次には、更に知識・技能を高めるとともに、科学的な思考、研究手法を修得し、論理的・客観的な研究や建設的提案が主体的に行える能力を養います。また分野によっては国家試験、教員採用試験のため準備を行うとともに4年間の学修を総合して指導教員の個別指導を受けつつ卒業研究を完成させ、生涯にわたって学び続ける能力の確立を目指します。


このページの先頭へ