文学部 教育目標等

文学部 教育目標

文学部は、国文学科、英文学科、史学科の3学科で構成されています。文学部が対象とする学問は、人間の文化活動やその関連事項を分析し、人間の在り方を考察しようとするものです。古くから諸外国との交流を通じて豊かな文化を育んできた街である京都で、言語、文学、歴史について、また国際交流について、実証的かつ論理的に学び理解を深めることによって、主体的に認知する力、他者との相互理解に努める力を養い、仏教精神を基にして他者と創造的に協働しつつ、自ら課題を発見し、高い倫理観と責任感をもって想定外の困難に対しても立ち向かえる、グローバルな人材の育成を目指します。

文学部 学位授与の方針

文学部では、古くから国際都市であった京都の視点から、文学や言語、歴史についての幅広く専門的な知識を養います。それを基に、真に主体的な認知的能力や、的確かつ豊かな表現力を身につけ、グローバルな視点を伴う、他者との対話・相互理解や協働する力につなげます。最終的には、生涯を通じて学び続ける能力を築きます。

(1)知識・理解

広い社会的関心と教養を有し、言語や文学、歴史についての深い専門的知識を修得している。

(2)技能・表現

言語、文学、歴史についての豊かな素養を踏まえつつ、対象を正確に理解し表現することで、主体的で批判的・合理的な思考を展開できるだけでなく、他者(異文化を含めて)との相互理解に努め、組織の中でも創造的に協働していける。

(3)態度・志向性

建学の精神を深く理解し、生涯にわたって学び続けるために、豊かな人間性と高い倫理観を備え、社会的責務に対する自覚を有している。

(4)統合的能力

上記(1)~(3)の学修成果を総合的に活用して、自ら主体的に課題を発見し、その課題が想定外のものであっても、それを分析・解決することができる能力を身につけている。

文学部 教育課程編成・実施の方針

学位授与の方針に基づいて、言語や文学、歴史についての広い習熟と、各自が専門とする個別分野における極めて高い達成との両立を目指し、4年間の学びの中で各科目の連携・関連を図っています。1・2年次では、基礎的知識を身につけ、また発展的科目で、学びを深めます。3年次では、主体的に調査し、考える力を養います。4年次には、更に知識・技能を高めるとともに、4年間の学修を総合して指導教員の個別指導を受けつつ卒業論文を執筆し、あるいは卒業研究を完成させて、生涯にわたって学び続ける能力の確立を目指します。


このページの先頭へ