少人数教育

ゼミ重視型のカリキュラムで確かな実力と多角的な視野を養う。

1回生から少人数によるゼミを必修科目で開講し、大学ならではの専門的な学びを早い段階から取り入れています。一人ひとりの個性を大切にした細かな指導のもと、レポート作成やプレゼンテーションなどに取り組み、問題解決能力や多角的な視野を養います。

演習とは何か?

演習とは、セミナー(英語:Seminar)やゼミナール(ドイツ語:Seminar)の日本語訳。一般的に、略称の「ゼミ」と呼ばれます。
最大の特長は、まず少人数を基本として行われること。そして何よりも対面型・双方向型の授業であることです。

1回生からの演習で、段階的に力をつける!

1回生時から、各学科・専攻の専門分野をスムーズに学ぶための導入教育として、少人数制の演習(ゼミ)を必修科目としています。総合的な調査・整理能力やプレゼンテーションスキルなどを段階的に育成していきます。

1回生

[入門演習]

課題を事前に調べてレポート作成・プレゼンテーション・討論などを行う、演習形式の基礎を学びます。

2回生

[基礎演習]

3回生・4回生で選択する演習のテーマを見つけるための準備期間です。

3回生

[専門演習]

ここで選んだ学びのテーマを、卒業論文または卒業研究に結びつけていきます。

4回生

[卒業演習]

卒業論文または卒業研究を仕上げるための調査・資料収集・論文作成・プレゼンテーションなどが中心となります。

  • ※ 学科・専攻により演習の名称は異なります。

このページの先頭へ