公共圏創成専攻

教育目標

現代社会研究科 公共圏創成専攻(博士前期課程) 教育目標

政治学、経済学、法学、社会学等の社会科学と、人文・自然科学との超領域的融合により、現代社会が直面する環境問題や、少子高齢化問題、地域社会の活性化、市民活動の展開、男女共同参画社会、多文化社会の形成や国際協力、平和構築の促進等の課題解決に向けて研究し、グローバルに考え、地域で活動する人材、すなわち市民参加型の公共圏の創成に貢献する実践的人材を育成します。学位取得後には、幅広い学識と研究能力を有した職業人や研究者として、公共政策、社会福祉、環境政策、国際貢献、地域貢献、市民活動といった分野で活躍できることを目指します。

現代社会研究科 公共圏創成専攻(博士前期課程) 学位授与の方針

次の要件と資質を有している者に対して修士(現代社会)の学位を授与します。

学位授与の諸要件

大学院学則第12条の2に定める要件を満たし、あわせて別に定める学位論文審査基準を満たした者。

基本的な資質

(1)[知識・理解]

3研究領域(社会規範・文化、国際コミュニティ、地域コミュニティ)の中から選択した研究テーマに関する高度な専門的知識を修得している。

(2)[技能・表現]

3研究領域(社会規範・文化、国際コミュニティ、地域コミュニティ)の中から選択した研究テーマに関する高度な専門的知識を活用・応用する専門的能力を修得している。

(3)[態度・志向性]

建学の精神を深く理解し、豊かな人間性と高度な専門知識と幅広い視野を備え、生涯にわたり新しい価値を生み出していこうとする自覚を有している。

(4)[統合的能力]

上記(1)~(3)の高度な専門的知識や専門応用能力を統合的に活用することができ、グローバルな社会に対応できるコミュニケーション能力を身につけている。

現代社会研究科 公共圏創成専攻(博士前期課程) 教育課程編成・実施の方針

入学時に3研究領域(社会規範・文化、国際コミュニティ、地域コミュニティ)の一つを選択し、当該領域に所属する指導教員もしくは指導補助教員による特別研究を含む所定の授業科目を体系的に修得して専門分野及び関連分野に関する学識を深めるとともに、学位論文の完成に向けて指導を受けます。加えて公開の研究発表会を実施することによって、研究科の全教員からも指導を受けられるように配慮しています。あわせて、大学院設置基準第14条特例(昼夜開講)により、社会人等に配慮した研究指導体制も備えています。また、共通技法科目と現代社会総合研究を履修させることで、現代社会に関する幅広い知識と情報収集能力、数理処理能力及び英語表現力を身につけさせ、これらの知識と能力を専門領域に関する深い学識に統合させることにより、研究の成果を修士の学位論文として作成し、主体的に公共圏を創成する研究能力と実務能力の確立を目指します。

現代社会研究科 公共圏創成専攻(博士後期課程) 教育目標

政治学、経済学、法学、社会学等の社会科学と、人文・自然科学との超領域的融合により、現代社会が直面する環境問題や、少子高齢化問題、地域社会の活性化、市民活動の展開、男女共同参画社会、多文化社会の形成や国際協力、平和構築の促進等の課題解決に向けて研究し、グローバルに考え、地域で活動する人材、すなわち市民参加型の公共圏の創成に貢献する実践的人材を育成します。学位取得後には、高度な専門的研究能力を有した職業人や研究者として、公共政策、社会福祉、環境政策、国際貢献、地域貢献、市民活動といった分野で活躍できることを目指します。

現代社会研究科 公共圏創成専攻(博士後期課程) 学位授与の方針

次の要件と資質を有している者に対して博士(現代社会)の学位を授与します。

学位授与の諸要件

大学院学則第12条の2に定める要件を満たし、あわせて別に定める学位論文審査基準を満たした者。

基本的な資質

(1)知識・理解

3研究領域(社会規範・文化、国際コミュニティ、地域コミュニティ)の中から選択した研究テーマに関する高度な専門的知識を修得している。

(2)技能・表現

3研究領域(社会規範・文化、国際コミュニティ、地域コミュニティ)の中から選択した研究テーマに関する高度な専門的知識を活用・応用する専門的能力を修得している。

(3)態度・志向性

建学の精神を深く理解し、豊かな人間性と高度な専門知識と幅広い視野を備え、生涯にわたり新しい価値を生み出していこうとする自覚を有している。

(4)統合的能力

上記(1)~(3)の高度な専門的知識や専門応用能力を統合的に活用することができ、グローバルな社会に対応できるコミュニケーション能力を身につけている。

現代社会研究科 公共圏創成専攻(博士後期課程) 教育課程編成・実施の方針

博士後期課程の科目履修に関しては、3研究領域(社会規範・文化、国際コミュニティ、地域コミュニティ)の中から一つを選択し、当該領域に所属する指導教員もしくは指導補助教員による研究指導を受け、専門分野の授業単位を体系的に修得することを要件としています。修得すべき授業科目のなかには、指導教員もしくは指導補助教員が担当する特殊研究とプロジェクト演習を含まなければなりません。プロジェクト演習は指導教員もしくは指導補助教員による、事前・中間・事後の指導と実習からなっています。実習先は,指導教員もしくは指導補助教員の指導の下に学外の研究機関などから、学位論文のテーマに即した機関を選定します。指導教員もしくは指導補助教員による研究指導では博士論文提出資格の取得のための論文の執筆・公刊を指導するとともに、研究の成果を博士の学位論文として作成し、主体的に公共圏を創成する高度な専門的研究能力と実務能力の確立を目指します。あわせて、大学院設置基準第14条特例(昼夜開講)により、社会人等に配慮した研究指導体制も備えています。

博士前期課程

グローバルに考え、地域で活躍する実践的人材の育成

現代社会研究科公共圏創成専攻は、社会科学・人文科学・自然科学・情報科学との領域的融合により、現代社会が直面する環境問題や、少子高齢化問題、地域社会の活性化、市民活動の展開、男女共同参画社会、多文化社会の形成や国際協力、平和構築の促進等の課題解決に向けて研究し、グローバルに考え、地域で活動する人材、すなわち市民参加型の公共圏の創成に貢献する実践的人材の育成を目指します。本専攻は3つの研究領域で構成されています。

「公共圏」が関係する研究領域

  • 社会規範・文化研究領域
    現代社会を構成する価値・規範を、哲学・倫理・宗教、文化、科学技術、ジェンダーなどを通して検討します。情報システム、ICT(情報通信技術)、テキストマイニングも学べます。
  • 国際コミュニティ研究領域
    現代の国際社会が直面している課題を克服し、市民が中心となる国際コミュニティづくりを目指します。
  • 地域コミュニティ研究領域
    地域社会の発展、地域経済の活性化、持続可能な社会の構築、男女共同参画社会の形成などが、今日の主要課題となります。

博士後期課程

実務能力を備えた女性専門家の養成

本研究科は、地域から、日常生活から、世界と地球の将来を見通し、幾多の課題を克服していく上で、女性の視点と活力を積極的に生かすことが不可欠であるとの観点に立って、高度な研究経験とすぐれた実務能力を併せ持つ女性の専門家人材を養成することを目的としています。

個別科学の枠を超えた「現代社会の学」

21世紀の世界が直面する多様で複雑に絡み合った諸問題を、従来の専門分化した個別科学の枠を超えて、総合的に理解し解決することをめざしています。

  • 社会規範・文化研究領域
    人文科学・社会科学・情報科学を横断しつつ、市民・行政・NPO の協力体制のもとに「公共圏」を創成していくための新しい価値と規範の構築を目指します。
  • 国際コミュニティ研究領域
    政治学、経済学、社会学の立場から、市民主体の国際コミュニティづくりに中心をおき、平和構築活動、経済の地域統合、多文化社会の育成などの課題に関する研究を行います。
  • 地域コミュニティ研究領域
    社会学、経済学、経営学、環境学、農学の立場から、地域社会の発展、地域経済の活性化、男女共同参画社会の形成、さらに持続可能な社会の構築に向けたエネルギー・環境政策の諸課題を研究します。

教育プログラムの特色

新しい時代を切り拓く女性のエンパワーメント

公共圏創成専攻では、女性が職業人、市民活動家、あるいは地域住民として、主体的に公共圏を創成していくため、研究能力と実務能力の育成を目的としています。またそのための教育・研究プログラムを提供します。

社会人への配慮

大学院設置基準第14条の特例を適用し、社会人でも修学できる環境を整えています。

博士前期課程

入学時に3研究領域(社会規範・文化、国際コミュニティ、地域コミュニティ)の一つを選択し、当該領域に所属する指導教員もしくは指導補助教員による特別研究を含む所定の授業科目を体系的に修得して専門分野及び関連分野に関する学識を深めるとともに、学位論文の完成に向けて指導を受けます。加えて公開の研究発表会を実施することによって、研究科の全教員からも指導を受けられるように配慮しています。
また分野に共通する調査解析や情報・データ分析、テキストマイニングなどの技法研究を学び、実践能力を育成します。指導体制は徹底した少人数教育です。定員12 名の大学院生に多彩な26 名の教員が指導にあたります。

博士後期課程

博士後期課程の科目履修に関しては、3 研究領域(社会規範・文化、国際コミュニティ、地域コミュニティ)の中から一つを選択し、当該領域に所属する指導教員もしくは指導補助教員による研究指導を受け、専門分野の授業単位を体系的に修得することを要件としています。修得すべき授業科目のなかには、指導教授もしくは指導補助教員が担当するプロジェクト演習があります。プロジェクト演習では、指導教授もしくは指導補助教員の指導のもとに、博士論文のテーマに即した学外研究機関等の共同研究やフィールドワークに従事します。

研究・指導体制

学生の研究希望に応じて研究領域および指導教員を決定します。
指導教員が、論文のテーマ決定から研究計画の作成など論文の完成に向けて綿密な指導を行います。
また大学院研究発表会など研究科全体での指導体制も整えています。

取得できる資格

高等学校教諭専修免許状(公民)/中学校教諭専修免許状(社会)

  • ※ 専修免許状の取得にあたっては、当該教科の『一種免許状』を有する必要があります。

このページの先頭へ