世の中がどう変われば、私たちはしあわせなんだろう。

ジェンダー平等やSDGs。さまざまな考え方や価値観がある中で、本当に必要なことは、なんだろう。誰もがしあわせになれる社会って、なんだろう。いままでにない新しい答えを、導き出せる女性を育てていくために。京都女子大学は、「HAPPY WOMAN®」との産学連携プログラムに取り組んでいます。自らの力で、社会を変えていける人材育成を、加速させていきます。

OVERVIEW概要

京都女子大学は、2020年に新たなグランドビジョンを策定し、重点課題としてジェンダー平等の実現やSDGsの達成などに取り組んでいます。その一環として、女性のエンパワーメントと社会活性化を目的として活動する「HAPPY WOMAN®」との産学連携プロジェクトを発足。本学の学生が企業の方々と関わりながら、社会課題の解決策を探究していくプロジェクトです。

学生が実際に社会で働く方々から話を聞き、議論することで、自分自身で意思決定することの必要性を学び、未来を切り拓いていく人材となることを目指します。

第2回となる本プロジェクトでは、協力企業の方々とのワークショップをスタート。ディスカッションを経て、学生自らがアイデアを企画し、企業の方々にプレゼンテーションする予定です。詳細は今後、レポートとしてご報告していきます。

HAPPY WOMAN®

HAPPY WOMAN®とは、持続可能な未来づくりの基盤でもある「ジェンダー平等と女性のエンパワーメント」を推進し、活力ある社会実現を目指すプロジェクト。国連が制定している3月8日の国際女性デーの普及はじめ、すべての人が豊かに幸せな人生を送るための学びや行動に繋げる場を創出しています。

REPORT実施報告

順次ワークショップレポートを更新していきます。

  • 第1回ワークショップレポート

    昨年新たに発足し、今年第2回となる産学連携プロジェクト「Happy Action Labo」。
    昨年はオンラインでの開催でしたが、今年のワークショップはオフラインでの開催となり、HAPPY WOMAN®代表を務める小川実行委員長や協賛企業の方々が京都女子大学のキャンパスに集いました。
    事前のオリエンテーションを経て開催された今回のワークショップでは、はじめにリコージャパン株式会社 京都支社、小川珈琲ホールディングス株式会社、株式会社ワコールホールディングスの3社がそれぞれ取り組むSDGsの事例についてご紹介いただきました。

    ワークショップの様子 ①
    小川氏から日本におけるSDGsの現状や社会課題など、オリエンテーションのおさらいがあり、「椿」「MANATY」「藤の花」の3チームに分かれて、解決していきたい社会課題をワークシートに書き出していきました。協賛企業の方々も一緒にワークショップに参加していただき、交流会のような形式でアドバイスをいただきながら、活発な意見交換ができる時間となりました。
    最後に、企業の方から、「切実な社会課題であると感じられるような内容だったので期待」や「課題に対して視点を上げて高いところから見てみることが大切」、「会社でのワークショップではここまで意見が出ず、学生の皆さんは意見が出て驚いたので今後が楽しみ」などのコメントやアドバイスをいただきました。
    第2回のワークショップまでに、今回出てきた意見をチームごとにまとめ、2030年のあるべき姿・理想について個⼈とチームで考え、解決していきたい課題を3つに絞っていきます。

    ワークショップの様子 ②

    記念撮影の様子

    学生の感想

    今まで消費者の立場でしかSDGsについて見ることができていなかったのですが、SDGsに対する企業の取り組みやそこから見える課題を実際に聞き、企業側の視点についても考えることができました。

    現代社会学部 / 2年

    企業の方々から直接お話を聞くことができ、とても有意義な時間でした。同じグループの方々が考えている問題意識を知ったことで、自分自身の社会問題の幅も広がり、意識も高まりました。

    発達教育学部 / 2年

    他学部同士のグループ分けになっているので、どのような社会問題があるのか、どのような問題がどのように深刻であるかをそれぞれ違った視点で話し合うことによって、課題に対する解決案が面白くなる気がしました。

    家政学部 / 3年

  • 第2回

    2022年12月公開
  • 第3回

    2023年1月公開
  • プレゼンテーション

    2023年3月公開

昨年実施した
第1回Happy Action Laboの取り組みは
こちらからご覧いただけます。