Days:京女生のリアルな学生生活を連載中!Days:京女生のリアルな学生生活を連載中!

4年間の全力活動をアピールし、第一志望の企業に内定!

2017年10月30日

文学部 英文学科 F・Mさん

早くから就職を意識し、進路・就職課へ相談に

就職に関しては、比較的早くから意識していました。大学主催の就職支援ガイダンスやセミナーなどに参加することで、自然と意識も高まっていったように思います。3回生から進路・就職課に足を運び、会社選びについて相談したり履歴書を添削してもらったりもしました。志望先は、さまざまな事業を展開していること、英語を使って仕事ができるチャンスがあることなどを重視。50社以上の会社説明会に参加し、一番働きたいと思える企業に出会えました。「京女は就職に強い」と言われますが、本当に手厚く親身になってサポートしてもらえたことに感謝しています。 

ボランティア活動を通して異文化交流も体験

大学4年間で特に力を注いだのは、野外活動の指導などを行うボランティア活動です。子どもたちを指導したり、幅広い年代の方々とふれあったりする中で、リーダーシップやコミュニュケーション能力などを磨くことができたと感じています。活動を通して海外派遣メンバーに選ばれ、アメリカで2カ月間ホームステイも経験しました。最初は戸惑いや寂しさも感じましたが、周囲と打ち解けるうちに英会話力もアップ。日常で使う若者言葉を教えてもらったり、さまざまな国の文化や価値観に触れたりもでき、視野が広がったと思います。また、日本に興味を持っている外国人が多いことにも驚き、日本の良さをあらためて感じることができたのも貴重な体験でした。 

身につけた英語力を生かし、成長していきたい

私が京女への入学を決めたのは、京女にしかない面白い授業が多く、他にはないスタイルで英語が学べると考えたからです。例えば「英語で読む京都」という授業では、外国人向けのガイドブックを教材に学修。日本の文化、風習に関する知識や、英語表現などについて実践的に学ぶことができました。また、少人数体制の授業が多く、先生との距離が近い点も京女の大きな魅力だと思います。卒業後は、身につけた英語力を生かし、与えられた以上の仕事にも積極的に取り組みながら、自分自身を成長させていきたいです。 

Ladies バックナンバー