学生広報チーム「パレット」公式instagramアカウント

京都女子大学 京都女子大学

学校間連携

戦略的大学連携支援事業の共同実施に関する協定の締結

財団法人大学コンソーシアム京都の呼びかけに応じ、本学を含む7法人10校の連携によって申請した「eラーニングシステムの共有共用化にともなう教養教育の大学間連携と効率化の促進」が、平成20年度の当該連携支援事業に採択されました。

年月日(締結日) 協定先 内容
平成20年9月30日 京都産業大学(代表校)、京都学園大学、京都光華女子大学、京都嵯峨芸術大学、明治国際医療大学、京都光華女子大学短期大学部、京都嵯峨芸術大学短期大学部、京都文教短期大学、京都市、財団法人大学コンソーシアム京都 平成21年度にシステム整備を行い、平成22年度より遠隔講義等の連携事業を実施

履修登録機能付きのeラーニングシステムへの科目の提供

平成20年度の戦略的大学連携支援事業により大学コンソーシアム京都加盟の7法人10大学が、eラーニングシステムを大学間で共用化し、さらにコンテンツの共用化を目指して、受講者に最大の教育効果をもたらすことを目的とした履修登録機能付きのeラーニングシステム(e京都(こと)ラーニング)に、本学からは2科目をフルeラーニング科目として提供しています。

放送大学との単位互換協定の締結

総合的、教養的な教育課程をより一層充実させ、学生に幅広い学習機会を提供することを目的として、放送大学との間で単位互換にかかる協定を締結し、専用の履修スペースを設けています。

年月日(締結日) 学校名 内容
平成20年4月28日 放送大学 それぞれ相手大学の授業科目を履修し、単位を修得することを認める。

教員養成課程高校との教育連携協定の締結

小学校教員として資質の高い人材を育成することを目的とした高等学校における教育に協力することとし、教育連携にかかる協定を締結しています。

年月日(締結日) 学校名 内容
平成19年4月1日 奈良県立平城高等学校(教育コース) 相互の人的・知的資源の交流・活用
生徒の受け入れに関すること
平成18年4月1日 奈良県立高田高等学校 相互の人的・知的資源の交流・活用
生徒の受け入れに関すること
平成18年4月1日 京都市立塔南高等学校
京都市教育委員会
相互の人的・知的資源の交流・活用
高校が設置する教育学科の教育支援に関すること
生徒の受け入れに関すること

連携校依頼による講義(実績)

京都市立塔南高等学校

開催年月日(出講日) 担当教員 講義内容
令和元年7月19日 発達教育学部
坂井 武司 教授
「教育課題研究」発表に向けての助言・指導

平成30年7月26日、

平成31年3月13日

発達教育学部
坂井 武司 准教授
大学訪問

平成29年5月30日、
7月11日、24日、
平成30年3月19日

発達教育学部
岩槻 知也 教授
①「人間学Ⅰ研究発表会」に関連する講義
②大学訪問
③「教育みらい学研究発表会」の講評・助言
④大学訪問

平成28年6月24日、
7月22日、9月27日、
平成29年3月14日

発達教育学部
岩槻 知也 教授
①「人間学Ⅰ研究発表会」に関連する講義
②大学訪問
③「人間学Ⅰ研究発表会」の講評・助言
④大学訪問
平成27年6月24日、
7月21日、9月17日、
平成28年3月17日
発達教育学部
田井 康雄 教授
①「人間学Ⅰ研究発表会」に関連する講義
②大学訪問
③「人間学Ⅰ研究発表会」の指導助言
④大学訪問
平成26年6月26日、
7月23日、9月25日、
平成27年3月20日
発達教育学部
田井 康雄 教授
①「小中学生リサーチ」に関連する講義
②大学訪問
③「小中学生リサーチ発表会」の指導助言
④大学訪問
平成25年6月27日、
10月10日、
平成26年3月17日
発達教育学部
田井 康雄 教授
①「小中学生リサーチ」に関連する講義
②「小中学生リサーチ発表会」の指導助言
③大学訪問
平成24年5月24日、
7月27日、11月1日、
平成25年3月13日
発達教育学部
田井 康雄 教授
①小学生の実態を知るためのアンケート項目及び作成についての助言
②大学訪問
③アンケート結果についての発表会の講評
④大学訪問
平成23年6月16日、
10月20日、
平成24年3月9日
発達教育学部
田井 康雄 教授
①小・中学生対象の児童生徒の実態を知るためのアンケート項目及び作成についての助言
②アンケート結果についての発表会の講評
③大学訪問
平成22年6月10日、
10月28日
発達教育学部
田井 康雄 教授
①小・中学生対象の児童生徒の実態を知るためのアンケート項目及び作成についての助言
②アンケート結果についての発表会の講評

奈良県立高田高等学校

開催年月日(出講日) 担当教員 講義内容
令和元年5月16日、
5月30日
発達教育学部
富村 誠 教授
①教員・教職について
②小学校体験実習の意義及び留意点について
平成30年5月11日、
5月31日
発達教育学部
富村 誠 教授
①教員・教職について
②小学校体験実習の意義及び留意点について

平成29年5月10日、

5月19日

発達教育学部
富村 誠 教授
①小学校体験実習の意義及び留意点について
②教員・教職について

平成28年5月12日、

5月18日

発達教育学部
富村 誠 教授
①小学校体験実習の意義及び留意点について
②教員・教職について
平成27年5月15日、
5月20日
発達教育学部
富村 誠 教授
①教員・教職について
②小学校体験実習の意義及び留意点について
平成26年5月14日、
6月4日
発達教育学部
富村 誠 教授
①小学校体験実習の意義と留意点
②教員・教職について
平成25年5月17日、
5月31日
発達教育学部
富村 誠 教授
①教員・教職について
②小学校体験実習の意義と留意点
平成24年5月9日、
5月15日
短期大学部初等教育学科
富村 誠 教授
①教員・教職について
②小学校実習の意義と留意点
平成23年5月16日、
5月18日
短期大学部初等教育学科
富村 誠 教授
①教員・教職について
②小学校実習の意義と留意点
平成22年5月7日、
6月7日
短期大学部初等教育学科
富村 誠 教授
①教員・教職について
②小学校実習の意義と留意点

奈良県立平城高等学校

開催年月日(出講日) 担当教員 講義内容
令和元年10月25日、
11月15日、
令和2年2月18日
発達教育学部
松岡    靖 准教授
福永 俊哉   准教授
①インターンシップ事前指導
②フリップ・スピーチ
③教育パネルディスカッション「教員として命の大切さをいかに教えるか」
平成30年10月12日、
11月16日、20日、
平成31年2月19日
発達教育学部
松岡    靖 准教授
福永 俊哉 准教授
①インターンシップの事前指導
②フリップ・スピーチ
③教育パネルディスカッション「AI(人工知能)と教員」
平成29年10月6日、
11月17日、21日
発達教育学部
松岡    靖 准教授
①インターンシップの事前指導
②フリップ・スピーチ
③教育パネルディスカッション「教員は、ブラックな職業か?」
平成28年11月4日、
11月18日、22日
発達教育学部
松岡    靖 准教授
①インターンシップの事前指導
②フリップスピーチ
③教育パネルディスカッション「これからの時代に教員に求められる資質能力」
平成27年11月24日 発達教育学部
田井 康雄 教授
教育パネルディスカッション
平成26年10月23日、
11月20日、27日
発達教育学部
田井 康雄 教授
①インターンシップの事前指導
②フリップ・スピーチ
③教育パネルディスカッション
平成25年10月24日、
11月21日、28日
発達教育学部
富村 誠 教授
①小学校インターンシップ事後指導
②教育コース3年制を対象としたパネルディスカッション
平成24年10月30日、
11月22日、27日
短期大学部初等教育学科
富村 誠 教授
発達教育学部
田井 康雄 教授 
①小学校インターンシップ事後指導
②教育コース3年生を対象としたパネルディスカッション
平成23年10月26日、
11月24日
短期大学部初等教育学科
富村 誠 教授
発達教育学部
田井 康雄 教授
小学校インターンシップ事後指導
平成22年11月2日、
11月25日
短期大学部初等教育学科
富村 誠 教授
発達教育学部
田井 康雄 教授
①小学校インターンシップ事後指導
②小学校インターンシップ「実習のまとめ」

教育委員会との連携の締結

学生ボランティアによる学校サポート事業への協力にかかる協定を締結しています。

年月日(締結日) 団体名 内容
平成23年8月4日 池田市教育委員会 幼稚園児及び小中学生を対象とした新たな学びの機会を提供
学生(院生を含む)に幼小中学校園等の教育現場を体験する機会を提供
幼小中学校園等の教育活動及び地域の各種活動への支援の推進
幼小中学校園等の教職員相互の交流・研修の促進
平成20年12月22日 守口市教育委員会 教職員の資質向上及び能力の開発のための研修を充実・推進
社会のニーズに応える教員の養成を推進すること
学生の教育実習に関すること
学生等による学校教育活動への支援を推進
教育上の諸課題に対応した調査及び研究を実施
平成20年4月1日 神戸市教育委員会 神戸市教育委員会が実施する「スクールサポーター制度」への協力
平成20年3月11日 伊丹市教育委員会 伊丹市教育委員会が実施する「子どもサポーター派遣事業」への協力
平成19年1月23日 大阪市教育委員会 大阪市教育委員会が実施する「学校支援学生ボランティア事業」への協力
平成17年7月20日 京都府教育委員会 京都府教育委員会が実施する「学生による学習支援等事業」への協力
平成17年3月28日 京都市教育委員会 京都市教育委員会が実施する「学生ボランティア」学校サポート事業への協力

連携事業(実績)

池田市教育委員会

年月日(開催日) 発表者 内容
平成24年10月25日、
10月29日
京都女子大学発達教育学部児童学科
人形劇団たんぽぽ
池田市の市立幼稚園及びこども園において、市内就学前園児の情操教育に資することを目的に、本学学生による「人形劇観劇会」を開催。
平成23年8月4日 京都女子大学発達教育学部児童学科
人形劇団たんぽぽ
調印式終了後、記念行事として池田市の市立幼稚園において、人形劇を披露した。

高校との教育連携協定の締結

相互の人的・知的資源の交流及び活用を図り、教育の充実・発展に資するために双方が連携して教育事業を行うことを目的として、教育連携事業への協力にかかる協定を締結しています。

年月日(締結日) 学校名 内容
平成24年12月21日 大阪府立高槻北高等学校 教育実践にかかる相互支援
生徒、学生の相互交流
教員の相互交流
平成24年12月1日 北陸高等学校 教育実践にかかる相互支援
生徒、学生の相互交流
教員の相互交流
平成21年12月18日 比叡山高等学校 教育実践にかかる相互支援
生徒、学生の相互交流
教員の相互交流
平成20年10月1日 和歌山信愛女子短期大学附属高等学校 教育実践にかかる相互支援
生徒、学生の相互交流
教員の相互交流

出張講義(実績)

大阪府立高槻北高等学校

開催年月日(出講日) 担当教員 講義内容
令和元年5月28日 発達教育学部
谷川 至孝 教授
教志入門(いい先生になるために)
平成30年5月28日 発達教育学部
表  真美 教授
教志入門(いい先生になるために) 
平成29年5月16日 発達教育学部
谷川 至孝 教授
教志入門(いい先生になるために)
平成28年5月17日 発達教育学部
谷川 至孝 教授
教志入門(いい先生になるために)
平成27年5月19日 発達教育学部
田井 康雄 教授
子どもたちとの出会いから得るものを生かすために
-実施実習の事前学習-
平成26年8月26日 発達教育学部
田井 康雄 教授
教職の魅力
-専門性とやりがい-
平成26年5月27日 発達教育学部
田井 康雄 教授
子どもたちとの出会いから得るものを生かすために
-実施実習の事前学習-
平成25年6月11日 発達教育学部
田井 康雄 教授
教職の魅力<専門性とやりがい>
平成25年5月14日 発達教育学部
富村 誠 教授
子どもたちとの出会いを充実したものにするために

北陸高等学校

開催年月日(出講日) 担当教員 講義内容
令和2年2月7日 文学部
告井 幸男 教授
法学部
桜沢 隆哉 准教授 
①平安京の世界
②自動車運転について考えるー技術革新と民事責任・保険
平成31年2月8日 法学部
桜沢 隆哉 准教授
企業社会と法ー企業の不祥事にわれわれ消費者はどう向き合うべきか
平成29年2月10日 法学部
桜沢 隆哉 准教授
法学をまなぶことの意義-日常性から考える法学—
平成28年2月10日 現代社会学部
嘉本 伊都子 教授
「反実仮想」と社会学
平成27年2月10日 法学部
松塚 晋輔 教授
学校と行政法
平成26年2月14日 法学部
松塚 晋輔 教授
行政の法律

京都大学との学生交流にかかる協定の締結

本学大学院の学生が京都大学大学院において教育上有益と認められる研修指導を受けられるように、また、大学院の教育研究の充実に資するため、京都大学と協定を締結しています。

年月日(締結日) 学校名 内容
平成22年6月1日 京都大学 大学間の交流と協力を促進

京都教育大学大学院連合教職実践研究科との連携

現代の複雑多様な教育課題に対応できる専門的理論とそれを活用・実践できるより高度な実践力、応用力をもつ学校教員を目指す学生を育成することを目的として、平成20年度から開設された京都教育大学大学院連合教職実践研究科と、京都にある私立大学で構成される連合参加大学(本学の他、京都産業大学、京都橘大学、同志社大学、同志社女子大学、佛教大学、龍谷大学)として連携を結んでいます。