学生広報チーム「パレット」公式instagramアカウント

京都女子大学 京都女子大学

重要なお知らせ

重要なお知らせ

重要なお知らせ

2020年05月01日

新型コロナウイルス感染拡大防止のための京都府における緊急事態措置を踏まえた本学の対応について(5/1更新)

2020430日、内閣総理大臣は、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を延長することを表明しました。

これを踏まえ、本学においても学生及び教職員等の生命と安全、健康を守ること、ならびに感染拡大防止の社会的責任を果たすことを基本とし、以下の措置対象期間を延長いたしますので、お知らせします。

 

1. 措置の内容

(1)大学施設の休止及び大学構内への入構禁止措置

本学はこれまで、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止を最優先としつつ、学生の皆さんの一定の活動に対して便宜を図ることを目的として大学構内への入構や、学内の一部施設の利用を一部可能としてまいりました。しかし、感染拡大が深刻な状況になりつつあり、政府も接触の8割削減に取組むとしていることから、本学といたしましては、大学の全施設(図書館を含む)の使用を休止し、大学構内への入構禁止措置をとることといたしました。

(2)諸活動等の中止または延期ならびに学生等のみなさんへの外出自粛要請

大学構内外を問わず、外出を伴うものや対面で実施する形態の課外自主活動、自主的な学習・研究活動、その他の行事・イベント等について、中止または延期を要請します(ただし、対面や外出を伴わないWeb等による活動の制限はありません)。

私的な懇親会等や不要不急の外出について強く自粛を要請します。これまで同様、「密閉・密集・密接」の3密を避けることや、手洗い・咳エチケットなど感染予防対策の徹底を心掛けてください。

(3)教職員の勤務

教職員については、原則として在宅勤務とし、大学構内の保安・保全及び業務管理上、必要最小限の体制を確保することとします。

学生・保護者のみなさんにはご不便をおかけすることとなりますが、ご理解いただきますようお願いします。

なお、教職員の入構につきましては、所属長が教育・研究の継続、管理運営業務、施設の維持管理のために必要不可欠と判断した場合のみ入構を認めることとし、教員が当該期間、大学に出勤し、施設を利用して授業準備を行う場合は、あらかじめ大学(総務課)にメールにて利用日時、利用施設等を届出ることとします。

*教員の入構にかかる「必要不可欠」の場合とは、遠隔授業等を実施するための準備のための入構や、進行を止められない実験等がある場合を言います。

(4)大阪オフィスの臨時閉室

大阪オフィスは、対象期間について臨時閉室といたします。

2. 対象期間

「緊急事態宣言」にもとづく自治体による外出自粛要請等の実施期間の終了まで

※「緊急事態宣言」にもとづく外出自粛要請等の実施期間が終了し、延長されない場合や「緊急事態宣言」が解除された場合には、上記の措置についても解除します。

       令和251

       京都女子大学

           学長 林 忠行

【本件にかかる問い合わせ先】

 総務部総務課 mail somu@kyoto-wu.ac.jp

【その他、大学へのお問い合わせ】http://www.kyoto-wu.ac.jp/inquiry/index.html