情報システム専攻

ICT社会で活躍できる人をつくる

学びのキーワード
  • プログラミング
  • ネットワーク技術
  • Webシステムデザイン
  • データベース
  • 情報セキュリティ
  • 人工知能
  • ロボット

情報システム専攻では、現代社会の基盤となるICT(情報通信技術)の仕組みを学びます。そのため、プログラミングやデータベース、インターネットの仕組み、情報セキュリティや人工知能などを系統的かつ体系的に修得します。また、専門ゼミでは少人数でビッグデータ解析や実用的なアプリケーションの作成など実践的な課題に取り組みます。現代社会学科のダブル・クラスター制により人間・文化・環境、政治・経済、国際社会などへの理解も深めながらICT社会で活躍できる女性の育成をめざします。

求める学生像

  • インターネットやアプリの仕組み(システム)に興味がある人
  • 社会で役立つプログラミングスキルを身につけたい人

想定される進路

  • システムエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • 企業・団体のITシステム担当者
  • 情報系大学院への進学・教員 など
現代生活を支えるプログラムから社会の仕組みが見える楽しさ。

私が興味を持って学んでいるのが「情報システム」です。私たちが日頃なにげなく閲覧しているインターネットのホームページにも、さまざまなプログラムが動いています。そのシステムを探究することで、社会の仕組みが見えてきます。そうした学びを通して、物事をより深く理解することができました。将来の目標はシステムエンジニア。現代社会が抱える多様な問題をICT(情報通信技術)で解決することができればと考えています。

坂口成実さん 
4年生※(和歌山県立向陽高等学校出身)

※取材時の学年となります

■ 情報システム専攻の履修モデル

現代社会学科 学びTOPICS

イベントでネットワーク構築を実践

ICT系イベントにスタッフとして参加。

情報プログラム科目の「応用ネットワーク」と「ネットワーク運用」ではインターネットで実際に利用されている技術を学びます。受講生は関西のICTユーザが集う「関西オープンフォーラム(KOF)」や情報処理学会主催の「インターネットと運用技術シンポジウム(IOTS)」にスタッフとして参加し、他大学の学生たちと協働して会場内ネットワークの構築や運用を担うことでICTスキルを磨きます。

プログラミングワークショップ「Rails Girls」

ソフトウェアエンジニアと協働しワークショップを開催。

より多くの女性がプログラミングに親しみ、アイデアを形にできる技術を身につける手助けをするプログラミングワークショップ「Rails Girls」に、情報系ゼミ生がオーガナイザー・コーチ・スタッフとして参加しています。社会で活躍しているソフトウェアエンジニアと協働してワークショップを企画・運営することで技術力と実践力を磨きます。


  • 資料請求
  • 入試情報

Copyright c Kyoto Women's University. All rights reserved.