学生広報チーム「パレット」公式instagramアカウント

京都女子大学 京都女子大学

卒業・卒園生の集い 京女ホームカミングデー2019

卒業・卒園生の集い
京女ホームカミングデー2019

京都女子学園の幼稚園、小学校、中学校、高等学校・女学校、短期大学部、大学・女専、大学院、保母・幼稚園教員養成所などすべての卒業・卒園生と教職員、旧教職員、及びその家族の皆さんを対象としたホームカミングデーを開催します。
当日は「ホームカミングの集い」として音楽法要による式典・記念講演、パーティー(懇親会)を実施し、併せて藤花祭(大学祭)、藤陵会(同窓会)文化祭が開催されます。 皆様お誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。

開催日

令和元年11月3日(日・祝)

9:30~

受付開始/京都女子大学 A校舎1階入口

10:30~

式典、記念講演/京都女子大学 A校舎5階礼拝堂

事前申込みは不要です。卒業・卒園生はどなたでもご参加いただけます。

講演テーマ/人生の基盤は京女で培われた:「心の学園」からメンタルコーチへ
講演者/荒木 香織氏 園田学園女子大学人間健康学部教授 / ㈱CORAZON チーフコンサルタント / 京都女子中学・高等学校卒業

12:30~

パーティー/大学A校舎地階学生食堂(会費1,000円・事前申込制)

定員あり。(250名)
10月1日(火)より申込開始 10月25日(金)15:00締切


※申込受付は終了しました。
当日式典会場及び懇親会場にて、学園への寄附金の受付を行います。 皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い致します。

講演概要

中学・高校を通して、陸上競技部に所属しました。選抜合宿や全国大会に行くと公欠が異常に多くなり、午前中だけでも授業を受けなさいと。その代わり、学校からタクシーでどこまでも移動。理科の先生は、合宿や試合のため、全国各地どこにでも一緒にきてくれました。が、思春期の私は、試合へのストレスもあり、素直に感謝の気持ちを表現できないこともしばしば。それでも、いつも前向きに、負けてへこんでいても「次いこ!」と、最後までサポートをしてくださいました。高校でもインターハイや国体、ジュニアオリンピックのために練習、遠征する日々でしたが、先生方は有形・無形の支援をしてくださいました。高校1年生の時、国体の長期公欠から帰ってきた次の日。数Iの中間テストで17点を取りましたが、担任の先生からは何も言われませんでした。先生といえば、現国。授業では、教科書は使わず。代わりに、田山花袋の「布団」や谷崎潤一郎の「痴人の愛」。去り行く女の残り香を求め布団を嗅ぎながら、さめざめと泣く男の気持ちを汲み取る。たぶん、私はこの時「男ってたいしたことない」と思ったはずです。今は亡き校長先生には仏参で100回くらい表彰してもらいました。最後はいつも、「次も頑張って下さい。待ってます。」勉強はほとんどしませんでしたが、好きなこと(陸上競技)を継続するために多くの支援をしてもらったおかげで、毎年自己新記録を更新した6年間でした。
卒業してから、京女での6年間が人生に大きく影響を及ぼしていることに気づきました。特に、私を理解して伸ばしてくれるような指導者を見つける作業を無意識にしていたように思います。特に、男性の指導者に対しては、中学や高校の先生同様、我慢強く、可能性を信じて、必要であれば的確に意見をくれる、そして、女性という理由で見下さないことを求めました。女性の指導者に対しても、女性の経験は男性とは異なるので、無理に平等を求めず、自らの能力を発揮する生き方を見せてくれることを求めました。同時に私は、周りへの配慮をしながら、自分が提供できる時間やエネルギーは惜しまず、素晴らしいことは素直に素晴らしいと認めることができるように過ごしてきました。辛いことや幸せでないような出来事に対しては、好奇心ではなく、共感力をもって接すること。この「惻隠の情」については担任の先生が教えてくれました。「女でもできる」、「周りを助ける」、「ひがまない」、「惻隠の情をもつ」を教えてくれたのが、京女での6年間だったような気がします。そして、この姿勢は、アメリカでの8年間に及ぶ大学院生活(奨学金を勝ち取り授業料はすべて免除)、シンガポールでの講師生活、日本での産休・育休ハラスメントを乗り越えるメンタル力の礎となりました。現在は、大学でスポーツ心理学の研究をしながら、スポーツ、ビジネス、音楽の分野で活躍する人たちのメンタル力を鍛える仕事もしています。すべての活動の基盤は京女で培われました。是非、みなさんに多くの情報を提供したいと思います。

講師略歴

米国にてスポーツ科学(専門:スポーツ心理学 )を学び、修士課程、博士課程を修了。主な研究分野は、スポーツにおける完全主義傾向、環境とレジリエンス、女性とスポーツ。 教育、研究活動のほか、 最新の科学的知見を基盤として、アスリート、指導者、アーティスト及び ビジネスパーソンを対象にメンタルトレーニングのプログラム及びセミナー等を提供している 。
著書に、『ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」』(講談社+α新書)。

お問い合わせ先

ホームカミングデー事務局
学園(総務課)TEL:075-531-7030
同窓会(藤陵会本部)TEL:075-561-5086