国際社会専攻

グローバルな問題・課題に
取り組む人をつくる

学びのキーワード
  • 異文化コミュニケーション
  • 観光
  • ビジネス
  • 多文化理解
  • 英語
  • 海外留学

国際社会が直面する問題と世界の諸地域の実情を政治経済学的観点から学び、グローバルな視点を身につけます。日本を訪れる外国人とのコミュニケーションを図り、グローバルな観点から社会の諸問題を分析し解決策を講じることのできる人材を育成します。 入学初年度には短期英語研修、2回生以上には海外での多文化理解実習を用意し、半期海外留学も可能。世界のさまざまな地域の文化・社会・政治について理解を深めるとともに、外国語の読解力と運用力を向上させ、多文化理解力を涵養します。

求める学生像

  • 政治・経済・文化において国際社会の動向に興味がある人
  • 国際社会で、あるいは外国人との関わりの中で活躍することを目指して、外国語運用能力の向上に意欲のある人
  • 国際的視野をもちつつ、地域コミュニティの活性化に貢献したい人

想定される進路

  • 銀行・商社・国際物流・ホテル業界
  • 国際的な活動をするNGO など
国際的な視点で物事を見ることができるように。

私は2年生時からアジアの政治を研究するゼミに所属しています。ゼミでは日本語だけでなく英語や中国語の文献なども翻訳します。私の卒論のテーマは、「日本と台湾の関係について」です。両国は国交がないにもかかわらず、良好な関係を保っている理由に興味があります。多文化理解実習で台湾に訪れた際に、現地の方々や学生と交流して、その答えを探ろうと思っています。将来の目標は、報道記者。広い視野を持って世界の今を伝えていくのが夢です。

松本章代さん 
3年生(香川県立高松西高等学校出身)

■ 国際社会専攻の履修モデル

現代社会学科 学びTOPICS

「多文化理解実習」でカナダやシンガポールへ。

国際理解プログラムでは、世界各地で起きている経済格差、民族対立などの諸問題を現地で学ぶ「多文化理解実習」を開講しています。
カナダ研修では、多民族国家であるカナダの二言語政策についてフランス語圏と英語圏双方の都市を訪問し学びました。また、在オタワ日本国大使館などを訪 問して日本とカナダの関係についても理解を深めました。

2017年度研修先(予定)
カナダ、台湾、スリランカ、シンガポール、バンコク(タイ)

  • 資料請求
  • 入試情報