現代社会専攻

企業や地域社会で活躍できる人をつくる

学びのキーワード
  • マーケティング
  • 社会調査
  • ビジネス
  • 心理・文化
  • 環境
  • 家族や地域社会
  • フィールドワーク
  • データ分析

現代社会専攻は、リベラル・アーツの理念を踏まえ、現代社会を多面的・多角的に理解します。心理や文化、環境、家族、地域社会、政治、経済、ビジネスなどの分野で活躍できる人材を育成します。
ビジネス領域関連では、企業現場・経営者の現場の声を聞くことに加え、マーケティングやマネジメントへの理解を深めます。また、情報収集やデータ分析などのスキルを身につけ、インタビュー調査や地域社会のフィールドワークを通して社会人基礎能力を養います。少人数ゼミでは現代社会における課題を発見し、問題解決能力を高めます。

求める学生像

  • 責任ある社会人として、積極的なキャリア形成を目指す人
  • 社会に関する様々な情報を鵜呑みにせず、科学的な情報収集・分析力と、信頼される情報発信力を磨きたい人
  • 情報処理、社会調査、コミュニケーションの技法を修得したい人
  • 社会問題の多様な原因を深く追求しその対処方法を考え出す作業を、人々と協働してやり遂げる力を伸ばしたい人

想定される進路

  • 銀行・商社
  • 企業のマーケティング、経理、人事
  • メーカー・サービス
  • 公務員 など
グローバル化が進む現代を理解する興味深い学び。

入学時には学びたいことが定まっていなくても、幅広い分野の授業を受けるなかで、興味ある分野が必ず見つかるのが京女の現代社会学部の良さ。私の場合は、ドイツ語も合わせて学ぶなかで、ドイツの文化や移民制度について興味を持つようになり、「なぜ多くのシリア難民がドイツへ移住するのか」を卒論のテーマとしました。この事を通して、グローバル化が進む現代社会が抱える問題を分析したいと考えています。

長谷川明音さん 
4年生(富山県立富山南高等学校出身)

■ 現代社会専攻の履修モデル

現代社会学科 学びTOPICS

現代社会を読み解くための調査方法の手法を学ぶ。

社会調査プログラムでは、社会調査の企画・設計からデータ分析、調査報告書作成までのプロセスを体験的に学び、現代社会を読み解く力を身につけます。社会調査の主要な手法が学べる複数の演習クラスから、興味・関心に応じて選択できます。

  • ※ 2016年度開講科目の授業内容です。開講年次によって内容が変更されることがあります。

インタビュー調査

卒業生や家族を対象に、「『働くこと』をめぐる意識と実践」「女性の就労と育児の変遷」などのテーマでインタビュー調査を実践。個人のライフ・ヒストリーから社会の変化を読み解きます。

フィールドワーク調査

高齢化率が高い京都市東山区を対象に、高齢者の生活圏や近隣ネットワーク、町内会活動などの実態を、フィールドワーク調査を通じて理解します。地域活性化やまちづくりに関心がある学生におすすめです。
また地域開発の問題を抱える広島県福山市鞆の浦を対象にフィールドワークを実施。賛成派・反対派は集合的記憶が異なると考えられ、さまざまな社会層に属する地域住民にインタビュー調査を行います。

アンケート調査

「大学生のキャンパスライフに関する意識」についてアンケート調査を他大学と合同で実施し、比較分析を行います。テーマや質問の設定、集計、調査結果の比較分析の方法を学びます。


  • 資料請求
  • 入試情報