京都女子大学京都女子大学

「学まち連携大学」促進事業女性地域リーダー養成プログラム

2016年度よりスタートした「女性地域リーダー養成プログラム」。学科の枠を超え、学生が各自の専門分野を生かしながら行動することにより、地域課題の発見や問題解決能力、実践力を備えた地域リーダーとなれる人材を育成するプログラムです。この事業は、京都市と大学コンソーシアム京都が協同で実施する「学まち連携大学」促進事業に採択されました。

地域に貢献する活動やイベントなどを開催。

事業の拠点となる地域連携研究センター
京都女子大学の物的・人的・知的資源を活用し、市民・地域・産業界と連携し、地域社会の創造に貢献するために設立されました。行政や企業との連携活動や、公開講座といった生涯学習支援事業などを行っています。

2017年度 活動一例

現代のライフスタイルに合った「つづれ織り」の商品開発

京都の伝統的な織物「つづれ織り」の技術を守る綴織技術保存会奏絲綴苑と生活造形学科の学生が連携し、現代のライフスタイルに合ったアクセサリーなどを共同制作。2017年秋には、京都文化博物館周辺で開催された「京都アートフリーマーケット」に出展しました。

馬町空襲の歴史を学び、語り継ぐ取り組み

1945年、馬町周辺の民家と当時の京都幼稚園、京都女子専門学校の寮などが大被害を受けた「馬町空襲」。この歴史を語り継ぐため、京女の学生たちは、文献学習や聞き取り調査を行い、「写真に見る馬町空襲被害地図」を作成・配布しました。2018年1月には、写真・パネル展示も実施。