京都女子大学京都女子大学

京女の魅力をPR!学生が主体的に進めるアクティブ広報活動

京女では、学生が主体的に広報活動に取り組んでいます。学生たちは、この活動を通して、京女生の明るさや活発さを社会へ発信するとともに、仕事のおもしろさに出会い、自身を成長させています。

「OPENなカフェ」をコンセプトに誕生。

学生が企画・運営する「カフェSor a」
新図書館交流の床2階のカジュアルスタディスペースにオープンしたライブラリーカフェ「カフェSora」は、学生スタッフが企画・運営しています。学部学科を超えたつながりが生まれ、ルールにとらわれない幅広い使い方ができる。そんなオープンな交流の場になって欲しいという願いを込めて誕生しました。今後もより多くの人に楽しんでもらえるよう、ワークショップやイベントなどを企画していきます。

広告代理店博報堂と協力して テレビCMを制作。

京女をPRする動画制作プロジェクト
本学の学生が、広告代理店博報堂と協力して、大学のテレビCMを制作しました。CMは3種類。放映地域出身の学生が2人ずつ登場し、「立地が良く歴史を感じながら勉強できる」「いろいろな県の友だちができる」など、京女の魅力をアピールしています。

★実際の映像はYouTube「京女のいいとこ」で検索!

オリジナル日傘で京女をアピール。

京女の魅力を発信するパラソル大使
パラソル大使とは、学生がデザインした日傘を使って京女をアピールする活動のことです。毎年デザインコンセプトを決め、学生からオリジナルデザインを募集。また、別途募集した学生がパラソル大使に任命され、百貨店での日傘販売やトークショーのようなイベントへの参加など、幅広く活動しています。