京都女子大学京都女子大学

東山キャンパス整備計画が進行中

本学では、全学的なキャンパス整備計画を推進しています。これまでに、法学部校舎( F 校舎)、研究所棟(R研究所)、幼児教育棟( U校舎)を新築し、B校舎・C校舎の大規模改修工事、K校舎( 学生会館)の増築工事を実施。整備計画の目玉である新図書館は2017年2月に、新学生寮は同年9月に完成しました。今後は、教室棟の建て替えを予定しています。

新しい学びの場として講義室を整備。

D・E 校舎を改築
新図書館とともにキャンパスの中心となるD・E校舎の改築を推進しています。中庭空間とのつながりを大切にしながら、カフェテリア、学生ラウンジ、研究室、教室を整備し、「つながる」「集まる」「参加する」「発信する」新しい学びの場として期待されています。

※完成予想図は実際とは異なる場合があります。

共同生活を通して協調性と友情をはぐくむ。

全寮Wi-Fi完備

学生寮の建設・リニューアルが完了
2018年春の東山寮増築棟完成をもって、学生寮改築・改修計画が完了しました。

2017年秋完成

紫金寮【最大寮生数288名】地上5階建 3人部屋

2017年秋に完成したばかりの新しい学生寮。寮生室には個人スペースを設け、各階にはキッチンやダイニングコーナー、洗濯室、シャワー室を配置。現代の学生のニーズに応えた新しいスタイルの寮です。

2017年全面リニューアル 2018年春増築棟完成

東山寮【最大寮生数216名】 地上5階・地下1階建 3人部屋

2017年に既存棟を全面リニューアルし、新しい棟を増築しました。寮内には、小松寮と同等の施設・設備を整備しました。

2016年全面リニューアル

小松寮【最大寮生数150名】 地上5階・地下1 階建 3人部屋

外観は、格子をモチーフにした落ち着いたデザイン。寮内は、自炊ができるキッチンの新設や、浴室の改修などを行いました。