スムーズに就職活動が開始でき、
志望企業から内定もいただけた。

M.Nさん内定先:富士通株式会社
現代社会学部 現代社会学科 4回生

1回生からのキャリア開発の授業が役立った。

大学については、就職率の高さ、京都という立地と落ち着いた環境で学ぶことができる点、学部学科については、学びたい分野が決まっていなくても、幅広い授業を受ける中で興味のある分野がみつけられることから現代社会学科を選び、受験しました。実際に、興味や関心のある数々の授業を受けることができ、満足しています。就職活動に関しても、キャリア開発の授業などで、自分自身の将来を考えるだけでなく、女子大ならではの女性が働くことにピックアップした社会との向き合い方や企業選択など、自分自身の可能性をさらに広げることができたと感じています。また、企業分析のやり方を1回生の早期に知ることができたため、スムーズに就職活動に取り組むことができました。とは言え、インターンシップの情報解禁であった3回生6月時点では、やりたいことやなりたいものが明確ではなかったため、さまざまな業界を知りたいと思い、インターンシップに応募することから始めました。

コミュニケーション能力と情報を得る力が評価に。

10社ほど参加したインターンシップを通して、自分がやりたいこと、自分に向いていること、自分にできることが徐々に明らかになっていきました。また、進路・就職課の手厚い支援も欠かせない存在で、企業パンフレット、業界地図などは、自己分析や業界分析に非常に役立ちました。また、個人面談や、エントリーシートの添削サポートにもお世話になり、感謝しています。実際の面接では、学生時代に頑張ったこと、長所・短所などをありのままに伝えました。内定通知を電話で受けた際、コミュニケーション能力と情報を得る能力の高さの2点を評価していただというフィードバックをいただき、現代社会学科で学んだことが生かされたと感じました。内定先企業では、システムエンジニアか、営業職に配属されますが、今のところ職種は未定です。仕事に必要な資格を取得し、自分のアイデアを形にして、ビジネスにつなげることができるといいなと思っています。
  • 就職支援
  • 京女の就活力