医療従事者の一員として
責任を持って対応したい。

A.Tさん内定先:高島市民病院
家政学部 食物栄養学科 4回生

臨床栄養・研究開発・健康教育と3回生から系列別に。

栄養士や管理栄養士の資格取得ができる大学はたくさんあります。しかし、1回生からめざす将来像によりカリキュラムが決まっている大学もあるなか、京都女子大学の食物栄養学科は3回生まで全員が同じカリキュラムで学び、3回生から臨床栄養・研究開発・健康教育の3系列にわかれるという点に魅力を感じました。つまり、3回生までは将来の選択肢を広く捉えることができ、また、それまでに先生や先輩方に相談し、自分の経験を積むことができると思ったのです。例えば、「栄養教育論」では患者様等への対応を、「給食運営・給食経営管理論」では給食施設での献立作成や衛生管理などを学びましたが、ほぼすべての授業が管理栄養士になるために必要な内容。しかも、それぞれの授業の先生方が「病院では」、「食品開発の企業では」、「保健所では」というように事例を示してくれます。また、校外実習では実際に病院や保健センターなどの現場で学ばせていただき、より管理栄養士の仕事内容を知ることもできました。

就職活動をしながら、国家試験とゼミの研究を両立。

こうして学ぶうちに、私は入学時に関心のあった商品開発ではなく、病院の管理栄養士をめざすことになりました。最初は一般企業で商品開発がしたいと就職活動をしていましたが、業界研究や自己分析をするうちに、「管理栄養士として一番活躍できる現場は病院ではないか」「自分が思い描く管理栄養士像は病院で実現できるのでは」と考えが変わり、最終的には病院に就職しました。就職活動と同時に、国家試験の勉強とゼミでの研究の両立に苦労しました。研究を進める日程の計画の中でいかに管理栄養士資格取得の勉強の時間をとるか、また、リフレッシュの時間をどうするか、時間のやり繰りに苦労しながら進めました。来春には、病院の管理栄養士として働き始めます。医療従事者の一員として責任を持って対応していきたいと思います。一人ひとりに丁寧に向き合い、患者様にとって身近な管理栄養士になれるよう頑張ります。
  • 就職支援
  • 京女の就活力