イベント

国文学

講読近世B

担当 大谷 俊太
開講期間・曜日・講時 後期・金曜日・4講時

芭蕉のことばを弟子の去来がまとめた『去来抄』を読み、和歌や連歌という伝統的雅文学をいかに取り込み、かつ離れ、また、貞門・談林俳諧をいかに消化し、かつ深化させたかを考える。

講読近代B

担当 峯村 至津子
開講期間・曜日・講時 後期・月曜日・4講時

明治初年代から三〇年代初頭にかけての文学をめぐる状況について、特に恋愛・結婚観の面から、その変遷を辿ります。

講読中古B 

担当 小山 順子 
開講期間・曜日・講時 後期・木曜日・4講時

平安時代後期から鎌倉時代初期にかけての和歌を読みながら、和歌表現の変化と、歌壇の情勢をたどってゆきます。

講読国語学B

担当 山中 延之
開講期間・曜日・講時 後期・水曜日・2講時

佐竹昭広『古語雑談』を読みます。古今のことばを扱った学術的随筆です。発表担当学生が注釈を付し、その内容を受講者全員で議論します。演習・卒論や日々の読書に必要な「調べながら読む」技能を身につけます。