落語研究会

2015年01月31日

落語研究会の部員が、第1回尼崎落研選手権にて特別賞を受賞しました。

平成27年12月13日(日)に第1回尼崎落研選手権が、兵庫県尼崎市主催で近松記念館にて開催されました。

 
尼崎市は、人間国宝である桂米朝さんが在住されていたり、これまで多くのお笑い芸人、お笑いタレントを輩出しています。
また、地域寄席が市内で盛んに開催されており、お笑い文化が根付いた街です。
今回、この尼崎で大学生向けの落語大会が初開催されました。
 
初開催となった第1回尼崎落研選手権には、関西を中心に、全国から11大学が出場。
 
その中で、本学の落語研究会の小幡七海(教育)「藤乃家海瑠来(ふじのやみるく)」さんが大賞の次の特別賞を見事受賞しました。
 
 
〔本人感想〕
人生で初めて人前で表彰されました。名前を呼ばれた瞬間は、身体が震えるほど嬉しかったです。
京都女子大学の代表として頑張りました。
終了後、同期から「会場が揺れるほどすごかったよ」と声をかけられ、会場の方々に笑っていただいたことが実感できて、とても嬉しかったです。
これからも人を楽しませる落語ができるように日々の練習をがんばります。


このページの先頭へ