学園案内

HOME > 学園案内 > 奨学金制度

奨学金制度

2013年度

京都女子大学・京都女子大学短期大学部奨学金(給付)

経済的な理由により、学業を続けていくことが困難になった学生に対して、毎年年間3,000万円の予算を計上し、予算の範囲で、当該学期の授業料相当額または2分の1相当額・10万円・5万円の奨学金を給付し、修学を援助する制度です。なお、2009年度より引き続き、2013年度も特別緊急支援奨学金として2,000万円が計上され、あわせて5,000万円の範囲で実施します。

京都女子大学・京都女子大学短期大学部成績優秀特別奨学生制度(給付)

成績が優秀な学生が対象で、入学試験(一般入試前期A方式)の成績上位合格者を対象とする1号特別奨学生と、入学後の成績優秀者を対象とする2号特別奨学生があります。2号特別奨学生は、3年次(1〜2回生2年間の成績)と4年次(1〜3回生3年間の成績)に成績優秀者を特別奨学生に採用し、奨学金を給付します。

京都女子大学・京都女子大学短期大学部協定留学生奨学金(給付)

協定大学へ留学する学生の修学を奨励することを目的に、留学期間にかかる本学の学費相当額を給付する制度です。

京都女子大学育友会奨学金(給付)

京都女子大学育友会の寄付金を基金として運用しているもので、修学の熱意があるにもかかわらず、特に経済的困窮などの理由により学資の支弁が困難になった学生を援助することを目的としています。

京都女子大学育友会特別貸与奨学金(貸与)

就職が決定(内定)していながら、経済的な理由により学費が支払えず、卒業できない学生に学費を無利子で貸与する制度です。この奨学金を受けた学生は、卒業後、毎年一定額を返済します。

京都女子高等学校成績優秀特別奨学生制度(給付)

入学試験で成績が特に優秀であった者に、授業料年額から就学支援金等の公的支援額を控除した額を、奨学金として給付する制度です。

京都女子中学校・高等学校名誉校長奨学金(給付)

京都女子中学校・高等学校に入学を希望する者及び在校生で、経済的理由により就学(修学)が困難な者に対して給付されます。希望者が多いため、例年、年額5万円から13万円の給付となっています。

京都女子中学校・高等学校保護者会奨学金(給付)

京都女子中学校・高等学校の保護者会が行っている奨学金制度で、経済的理由により修学困難な生徒に対し、年額5万円から13万円が給付されています。

京都女子中学校・高等学校学資補助制度(給付)

在校中に経済的理由により学費の納入が困難となった生徒に対して、奨学のために学費を補助する制度です。事情により授業料の全額または一部が補助されます。

京都女子中学校・高等学校授業料減免(給付)

経済的困窮のため、学業を継続できない者(生徒)で高い学習意欲を有し、生活態度が良好な者(生徒)に対して授業料年額を上限とし、授業料を減免する制度です。

日本学生支援機構奨学金(貸与)

独立行政法人日本学生支援機構は、国の育英奨学事業を行っている機関で、奨学金は主として政府からの借入金及び卒業生からの返還金によって運用されています。この奨学金は、人物・成績が優れ、経済的に修学困難な者に学資を貸与するもので、卒業後返還しなければなりません。
奨学金には第一種奨学金(無利子)と第二種奨学金(有利子)があります。

地方公共団体・民間育英団体の奨学金

都道府県の教育委員会や本願寺派教学助成財団、民間団体などが実施している奨学金制度もあります。これらについては給付・貸与の別、金額や条件などが異なります。

ページの先頭へ戻る