京都女子大学

概略

大正9年(1920)に設置された京都女子高等専門学校を前身とする京都女子大学は、戦後の学制改革にともない文学部国文学科、英文学科、中国文史学科(翌年、東洋史学科に改組)、家政学部食物学科、被服学科、児童学科の2学部6学科の体制で昭和24年(1949)に開設されました。
昭和31年(1956)に増設した文学部初等教育学科を、昭和39年(1964)には、教育学科に改組し初等教育学専攻と音楽教育学専攻を設置、平成5年(1993)には文学部東洋史学科を史学科に被服学科を生活造形学科にそれぞれ改組し、食物学科を食物栄養学科に名称変更しました。平成12年(2000)には、現代社会学部現代社会学科を開設、あわせて全学にわたる全面的なカリキュラム改革を行い資格取得課程も大幅に増設しました。
平成16年(2004)には、文学部の教育学科と家政学部の児童学科を改組し再編して発達教育学部を設置するとともに家政学部に生活福祉学科を増設しました。
そして平成23年(2011)には、日本の女子大学ではじめての「法学部」を設置するとともに既存学部・学科の定員増及びカリキュラムの改革、学生支援体制の充実を実施しました。

京都女子中学校

問い合わせ先

〒605-8501
京都市東山区今熊野北日吉町35
法人事務室
TEL 075-531-7022 FAX 075-531-7012

ホームページ
http://www.kyoto-wu.ac.jp

メールアドレス
E-mail:koho@kyoto-wu.ac.jp


このページの先頭へ