学びと特長

児童学科 学びのポイント

子どもを理解する4領域を広く学びかつ1つの選択領域の専門性を追究。

児童学の4領域、発達、保健、文化、表現活動について幅広く学修。「子どもとは何か」を理解した後、専門領域の学びを深めます。さらに3回生から所属するゼミで選択領域の専門的な力を高めます。

保育現場や子育て支援活動に参加する機会が多数!

音楽を演奏する「音楽隊」、人形劇を行う人形劇団「たんぽぽ」、藤花祭(大学祭)で開催する「こどもひろば」など、保育や子育て支援の現場で活動することも。それらの活動を通して、実践力を鍛えられます。

保育所・幼稚園・児童福祉施設での実習で実践力が養える。

教育・保育実習では、事前指導などで心得やするべきことを確認。実習後にも課題を振り返り、成果を実践力につなげることができます。

1回生から少人数ゼミで理論と実践を学ぶ。

少人数体制のゼミ教育で、4年間きめ細かく指導。4領域の基礎知識や文献の検索や調査方法を学び、各自で関心のあるテーマについて卒業研究を進めます。

学びの領域

保育者・教育者に求められる総合的な学びを得られます。

児童学科で取得できる教員免許・資格

  • 保育士
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 社会教育主事(任用)
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員
  • 情報処理士

このページの先頭へ