TOPICS

1

介護創造力コンテストで
第3位を受賞。

2017年1月、日本介護福祉士養成施設協会近畿ブロック会が主催する「第1回 介護創造力コンテスト~介護過程の展開~」に生活福祉学科の学生がエントリー。参加学校対抗で、ある事例に関する介護過程をテーマに意見を展開・プレゼンテーションを行い、第3位を受賞しました。

2

教育現場で期待が高まる
養護教諭への道。

いじめが問題視される教育現場において、子どもたちのこころのケアを行う養護教諭への期待が高まっています。本学の養護分野の学修課程の魅力は、看護系や教育系の学部に設置されている大学が多い中で、家政学部の生活福祉学科に設置されていること。また、京都市内の小・中学校と連携したサポート体制も万全で、スクールボランティアの受け入れ先が充実しています。

3

1~3回生にかけて実施する
介護福祉施設での現場実習。

国家資格である介護福祉士の受験資格を得るためには、「介護実習」を履修する必要があります。1回生から3回生にかけて複数回、介護福祉施設に行きます。実際の利用者と触れ合うため、実習前には、介護・家政・福祉・医療に関する知識や技術をみがきます。2017年には、介護老人福祉施設などで実習が行われました。

4

学校で養護教諭の業務を
実際に体験する「養護実習」。

養護教諭をめざす上で必要な養護教諭一種免許を取得するには、教職に関する科目、養護に関する科目などを履修する必要があります。3回生の時は病院での「看護臨床実習」、4回生の時は「養護教育実習」として学校での教育実習に行かなければなりません。教育実習では、保健室で来室者の対応や各種検診の準備、児童への保健指導などを経験することができます。

5

社会福祉士の受験資格に
要する施設での実習。

社会福祉士は、心身の障がいなどが原因で日常生活に支障のある人たちの福祉に関する相談に応じ、アドバイスや援助を行います。国家資格の一つで、試験を受けるためには学外の社会福祉施設などでの「社会福祉援助技術現場実習」の履修が求められます。本学では、2回生までに受験資格に関する授業科目の単位を取得後、3回生もしくは4回生の時に4週間実施しています。

6

介護などの実習施設が
調った環境。

生活福祉学科の授業は主にT校舎で行われます。介護実習室や入浴実習室、教員の研究室もあり、多くの学生が集います。


このページの先頭へ