京都女子大学 京都女子大学

英文学科 新着情報

2016年10月19日

英文学科秋季公開講座を開催しました。

 10月17日(月)13時より16時15分まで、J525教室にて英文学科秋季公開講座を開催しました。
甲南大学名誉教授有村兼彬先生のご講演「英文法を考える—形式と意味のズレ」では、「一杯のホットコーヒー」(a. a cup of hot coffee  B. a hot cup of coffee)から始められ、英語の文章において形式と意味のズレがることを、多くの例文を挙げて説明してくださいました。否定辞繰り上げ・繰り下げ、否定の作用域、二重否定と控えめ表現などの項目についての有村先生の丁寧な解釈は、英語学習者が、往々にして突き当たる疑問を解きほぐしてくださるようでした。
本学英文学科教授武田美保子先生は、ご講演「『嵐が丘』をめぐって—小説と映画のあいだ」で、イギリス小説『嵐が丘』のマスメディアにおけるイメージ、4つのアダプテーション映画、さらに批評とアダプテーション小説を採り上げられました。主人公キャシーとヒースクリフの特異な関係やヒースクリフは何者かなど作品の核心を映像をとともに考察されながら、1冊の小説からアダプテーションへと広がり深まる作品世界の興味深さを余すところなく伝えてくださいました。武田先生は、来年3月をもってご退職されますので、ご講演の最後に、学生たちを代表して大学院生より花束が贈呈されました。学外からも多くの方々のご参加をいただき、大変盛会となりましたことをご報告いたします。