研究推進に関する方針

基本方針

本学は、社会からの信頼と負託に応え、地域社会の発展や学術の進展に貢献する研究活動を持続的に推進する。

1.多様な研究の尊重と研究活動の支援

本学における研究の多様性を尊重し、研究者の特性に応じた研究活動を支援する。

2.学術交流の強化、社会との連携

大学間連携、産学官連携や国際共同研究等の学術交流を強化し、本学の所有する知的資源を活用した特色ある研究の拠点形成により、社会との連携を図る。

3.外部資金獲得の拡大と支援体制の充実

競争的研究資金等外部資金の受け入れ体制を整備し、科学研究費補助金やその他の補助事業への積極的な応募を支援する体制を充実させる。

4.研究成果の内外への発信

教員の研究成果を業績データベース及び機関リポジトリにより積極的に発信する体制を整備する。

5.研究環境の整備

「京都女子大学研究倫理規準」及び各種関連規定に則り、公正かつ適正な研究を安全に実施する仕組みを構築する。

6.研究推進マネジメントの構築

本学の有する知的資源の活用や多様な研究及び特色ある研究を効率的、持続的に推進するためのマネジメント体制を整備する。


このページの先頭へ