大学の内部質保証に関する方針

基本方針

本学の理念・目的に基づく教育目標および各種方針を具現化し、社会への説明責任を果たすため、以下の方針により内部質保証を推進する。

1.自己点検・評価の実施体制

本学における自己点検・評価は、全学自己点検・評価委員会のもとにおかれる自己点検実施委員会と内部評価委員会で、本学の諸活動を対象として毎年度実施する。自己点検・評価実施にあたっては、IR(Institutional Research)部門で取りまとめられる様々な関連データを根拠として現状を点検し、PDCAサイクルにより自主的かつ自律的に質の向上に向けて策定・実行された改革・改善プログラムの結果を評価し取りまとめる。内部評価委員会は第三者の立場から適切な自己点検・評価が実施され、PDCAサイクルが機能しているかを確認する責務を負う。この自己点検・評価プロセスを含め、全体結果を公表することで社会に対する説明責任を果たす。

2.外部・学生等からの評価による質保証

本学による各種アンケート、実態調査等により本学の質保証にかかるデータの収集及び学外者の意見を収集し、本学の教育研究水準を点検する。

3.大学情報の公表による質保証

自己点検・評価に関わる各種情報、収集されたデータは専用のシステムで分析され、質向上のための事業実施にあたっての意思決定に用いられるとともに、あらかじめ定められた方法により、社会に公表するものとする。


このページの先頭へ