学生の支援に関する方針

基本方針

学生のための教育を第一に、学生が夢を実現し満足して卒業できるようきめ細かい支援体制や環境を整備する。

1.修学支援

学生一人ひとりの修学状況に応じた適切な支援を実施して成長を促す。

  1. ICTを積極的に活用して学生の学習成果を確認・共有し、学修面談や履修指導など修学に関して教員と職員が一体となった組織的な修学指導体制を構築する。
  2. 全ての学生が安心して教育を受けられるように、奨学金制度や障がい学生支援を充実させる。
  3. 多様な学習の場をキャンパス内に整備するとともに、情報通信環境を整え学生が多角的・自発的に学習する環境や仕組みを整備する。

2.生活支援

学生が快適で安全な学生生活を送るための適切な支援を実施し成長を促す。

  1. アドバイザー制度を有機的に機能させ、学生の必要とする支援を各部局が連携して行う。
  2. 学生の人間的成長と自立を促すため、クラブ活動、ボランティア活動、課外活動などへの支援を強化し、学生厚生補導事業の充実を図る。
  3. 学生の心のサポートを行う学生相談室の機能を強化するとともに、健康管理センターを中心として学生の健康の維持管理を図る。また、ハラスメント相談体制を維持・強化し、啓発活動に積極的に取り組む。
  4. 学生寮を学生の成長の場、建学精神の発揚の場として位置付け、継続的な整備を通じて生活支援を行う。
  5. 国際化推進事業実施にかかる留学生に対する生活支援体制を早期に構築する。

3.進路支援

学生一人ひとりの適性、能力、希望に沿ったキャリア形成を実現するための適切な支援を実施し成長を促す。

  1. 体系的なキャリア教育プログラムを低年次より正課内に設け、全学的にキャリア教育を実践する。
  2. 進路・就職部は各学科・専攻等との協力体制の強化を図り、キャリア形成のための相談体制を充実させ、就業力の向上に向けた各種事業、学生個々の能力や進路希望に応じた進路・就職活動支援や職業紹介業務を行う。
  3. 教育職員や公務員などの就業(免許・資格取得)支援体制の強化・充実を図る。
  4. 大学院生に対しては、大学院で修得した高度な知識、研究能力を活かして、社会に貢献できる人材を輩出するよう、進路支援体制の充実を図る。

このページの先頭へ