音楽教育学

音楽心理学

担当 荒川 恵子
開講期間・曜日・講時 後期・金曜日・5講時

人間が音楽を聴取する際の反応にはどのような傾向があり、人間の脳内や聴覚上で何が起こっているのか、また、音や音楽から人間が抱く印象は、音響的な要素の何がその要因と推測されるのかについて科学的に探究します。

現代音楽

担当 大谷 正和
開講期間・曜日・講時 後期・火曜日・4講時

20世紀初頭以降に作曲されたクラシックの現代音楽作品を取り上げ、それぞれの作曲家独自の音楽語法を明らかにし、20世紀の時代背景を理解することから、現代音楽の魅力を探っていく。

声楽基礎I

担当 ガハプカ 奈美
開講期間・曜日・講時 前期・月曜日・3講時

本授業は、中学校、高等学校の音楽科教諭に必要な歌うこと-声を出すことを中心に学びます。歌唱共通教材を用いて、その曲にあった発声練習や練習方法を探り、どのように授業に取り入れるか検討します。

合唱2

担当 田中 純
開講期間・曜日・講時 前期・月曜日・2講時

音楽演奏上の基本であるアンサンブル能力の向上をめざす。カデンツでの発声も取り入れ、ハーモニー感覚を身につける。実際に合唱を演奏し、講義中に発表も行う。
課題例 松下 耕作曲 おだやかに・たったいま

合唱指導法

担当 田中 純
開講期間・曜日・講時 後期・月曜日・2講時

合唱指導は、合唱において最も重要なハーモニーをはじめとして、詩の解釈、作曲家の意図、言葉の発音の統一、各声部のバランス、演奏者それぞれの演奏に対する意識など、状況に応じた適切な指導が求められる。実際に指導を体験してみる。

器楽基礎I

担当 土居 知子
開講期間・曜日・講時 前期・木曜日・5講時

中学校や高等学校など、音楽教育現場で必要とされる器楽表現の基礎能力を身につける授業です。鍵盤楽器・リコーダー・ギター・和楽器のクラスに分かれて基礎的な演奏法や表現方法を学び、指導者として必要な基礎能力を養います。

ピアノ指導法

担当 土居 知子
開講期間・曜日・講時 後期・木曜日・5講時

ピアノ指導の場における様々な能力や音楽的スキル、具体的な指導方法を身に付けていく。受講生同士でのモデルレッスンやグループ討議を通して、様々なケースに対応できる実践力を養っていく。

音楽史1

担当 田崎 直美
開講期間・曜日・講時 前期・金曜日・4講時

西洋音楽史の入門的講義である。古代ギリシアから前古典派(18世紀)までの音楽の歴史を、どのような音楽がどのような形で発展したのか、という視点から概観する。視聴覚資料を交えて、音の響きの歴史も概観する。

キーボードハーモニー

担当 佐藤 岳晶
開講期間・曜日・講時 前期・水曜日・1講時

この授業では、キーボードを弾きながら、理論的な理解と共に和声感を養います。四声体による和音の連結や旋律の伴奏付けを、即興で弾けるように訓練します。耳と指で体感することで、和声をより深く体得できます。

音楽理論2

担当 佐藤 岳晶
開講期間・曜日・講時 後期・水曜日・2講時

この授業では、西洋音楽の和声法の基礎を学びます。和音はどのように作られているのか、どのようにつないでいくと自然なハーモニーの流れができるのか。そのようなことを、実際に音を書きながら理解していきます。

  • ※ 池内友次郎ほか著『和声 理論と実習I』(音楽之友社)を教科書として使用しています。同書(可能であれば)と、五線ノートを持参してください。