教育学

国語科教育方法論

担当 井上 一郎
開講期間・曜日・講時 前期・木曜日・3講時 もしくは
前期・木曜日・5講時

小学校における国語教育をいかなる方法で行うのが適切であるかについて講義と演習を行う。

教育マネージメント論

担当 谷川 至孝
開講期間・曜日・講時 後期・金曜日・1講時

子どもとその家庭を総合的に支援するための取り組みについて検討します。具体的には、貧困、虐待、スクールソーシャルワークといったことをとりあげ、学校や児童相談所、警察等、多様な機関の連携について考えます。

生活科教育内容論

担当 富村 誠
開講期間・曜日・講時 後期・金曜日・5講時

低学年児童の学び(あそび)心をつかんでいる生活科の秘密は何か。本講義では、生活科誕生の背景・目標・内容と方法(探検活動)という3つの視点から、秘密に迫っていきます。幼小連携に生きる実践的な内容です。

体育科教育方法論

担当 原田 奈名子
開講期間・曜日・講時 前期・火曜日・3講時

小学校体育「表現運動」領域の低・中・高学年ごとの指導法です。表現・リズムダンス、およびフォークダンスを扱います。

体育科教育内容論

担当 原田 奈名子
開講期間・曜日・講時 後期・火曜日・2講時

小学校体育「表現運動」で扱う、表現・リズムダンスを扱います。教材は、対象者の経験や授業者の学ばせたいことをすり合わせながら、工夫次第で小学生でも大学生でも実施可能ということを体験して学ぶ。

教育哲学

担当 福永 俊哉
開講期間・曜日・講時 後期・木曜日・1講時

教育にまつわる伝統的なトピックを概覧しながら、思想家たちがどのようにそうした問題を理解してきたかを学ぶ。そうした教育哲学史の学びを通して教育上の諸問題に対する原理的な考え方を理解し、原理的な思考法を身につける。

  • ※ 関連情報を調べ、知見を広めてください。

教育社会学

担当 森 繁男
開講期間・曜日・講時 後期・木曜日・3講時

「教育」を社会・文化的な「現象」としてとらえ、これを人と人との「関わり合い」が生み出すものとして考察するとともに、「人間形成」をそのような観点から「社会化」ないし「文化化」として説明していく。

図工科教育方法論

担当 山野 てるひ
開講期間・曜日・講時 前期・木曜日・1講時 もしくは
前期・木曜日・2講時

図画工作科教育を展開する上で、子どもの主体的な発想を引き出し、感性豊かな表現を実現して表現することの喜びを味わえるような魅力的な教材の発見や、活動目的の設定、授業展開の方法について考える。