国文学

講読上代A

担当 江富 範子
開講期間・曜日・講時 前期・水曜日・3講時

萬葉集を読む。平城京遷都以前、額田王や柿本人麻呂の作品を通して、和歌が誕生した頃の魅力を味わう。

講読上代B

担当 江富 範子
開講期間・曜日・講時 後期・水曜日・3講時

萬葉集の和歌を読む。平城京遷都後、大伴旅人や山上憶良といった個性的な歌人が輩出し、成熟していく和歌の魅力を味わう。

講読中世A

担当 川島 朋子
開講期間・曜日・講時 前期・月曜日・3講時

本講義は、「狂言の台本を読む」ことを目的とします。狂言とは中世に成立した喜劇で、その台本は当時の口語(話し言葉)がもととなっています。他の古典文学作品とは異なる言葉、演劇としての面白さに注目しながら読み進めます。

  • ※ 基本的な古典文法の知識、また自分で調べる力が必要です。古典文学を深く勉強したいという意欲のある人に、ぜひ受講してほしいと思います。

講読中世B

担当 川島 朋子
開講期間・曜日・講時 後期・月曜日・3講時

室町時代に作られた短編の物語は、現代にまで受け継がれ、親しまれるものも少なくありません。テレビCMなどで昔話が脚光を浴びていますが、そのような物語が時代によりどのように変化してきたのか読み解きます。

  • ※ 古典文法の知識や自分で調べる力が必要です。もちろん現代語ではなく室町時代に書かれた物語を読んでいきますので、古典文学を深く勉強したいという意欲のある人に受講してほしいと思います。

講読中古A

担当 坂本 信道
開講期間・曜日・講時 前期・木曜日・5講時

『源氏物語』桐壷の巻を読み進めながら、『源氏物語』や平安時代の文学についての基本的な知識の習得のための解説を併せて行う。

  • ※ 古語の意味や文法などは、すでに理解できている前提で講義は進めます。

講読中古B

担当 坂本 信道
開講期間・曜日・講時 後期・火曜日・5講時

『源氏物語』蜻蛉の巻を読み進めながら、『源氏物語』や平安時代の文学についての基本的な知識の習得のための解説を併せて行う。

  • ※ 古語の意味や文法などは、すでに理解できている前提で講義は進めます。

講読漢文A

担当 滝川 幸司
開講期間・曜日・講時 前期・金曜日・3講時

平安時代の漢詩人の逸話集(漢文)を読みながら、漢字、文法のことなど、漢文を読解するための基礎知識を解説します。

講読漢文B

担当 滝川 幸司
開講期間・曜日・講時 後期・金曜日・3講時

菅原道真の漢詩を取り上げて読解します。漢詩の内容はもちろん、漢詩を作るときの約束事(平仄、韻)についても解説します。

講読近世A

担当 山﨑 ゆみ
開講期間・曜日・講時 前期・金曜日・3講時

江戸時代の人気劇作家、近松門左衛門の恋のドラマ『冥途の飛脚』を、当時の言葉・文化などを視野に入れ、江戸時代にタイムスリップしたような視点で読み解き、その魅力を探ります。舞台映像なども鑑賞予定。

  • ※ 正当な理由のない遅刻、私語、内職(スマホ閲覧など)は、慎んで下さい。映像鑑賞は、毎回行うとは限りません。一回完結の授業ではありませんので、前回からの続きを取り上げたり、時間が来たら、話題の途中で終わることもあります。

講読近世B

担当 山﨑 ゆみ
開講期間・曜日・講時 後期・金曜日・3講時

江戸時代の化け物キャラたちが活躍する絵本『化け物嫁入り』を取り上げ、ろくろ首のヒロインの結婚をめぐる物語を、当時の文化などを視野に入れ、江戸時代にタイムスリップしたような視点で楽しく読み解きます。

  • ※ 正当な理由のない遅刻、私語、内職(スマホ閲覧など)は、慎んで下さい。一回完結の授業ではありませんので、前回からの続きを取り上げたり、時間が来たら、話題の途中で終わることもあります。

国語史A

担当 山中 延之
開講期間・曜日・講時 前期・金曜日・3講時

古典は日本語の歴史を考えるための基礎知識でもあります。次のような問題を考えながら、〈古典がそのように書かれている理由〉を追究します。
例題1、なぜ五十音図は「アカサタナ…」の順?
例題2、「蘇る」を分解せよ。

国語史B

担当 山中 延之
開講期間・曜日・講時 後期・金曜日・3講時

古典は日本語の歴史を考えるための基礎知識でもあります。次のような問題を考えながら、〈古典がそのように書かれている理由〉を追究します。
例題1、なぜ五十音図は「アカサタナ…」の順? 例題2、「蘇る」を分解せよ。