英文学

認知言語学

担当 石田 秀雄
開講期間・曜日・講時 後期・金曜日・4講時

言語に固有の能力を仮定するのではなく、推論などの認知能力と身体的な経験を重視する認知言語学について、基本的な考え方を解説していく。また、冠詞と前置詞を取り上げ、認知言語学の立場からの応用を試みる。

国際交流基礎講義

担当 佐伯 惠子
開講期間・曜日・講時 前期・月曜日・2講時

江戸末期以降の、アメリカを中心とした外国と日本の交流史を、双方向の視点から概観する。その上で、国際理解のあり方と異文化理解において求められる姿勢についての理解を深めることを目標とする。

英米文学・文化研究1

担当 下村 伸子
開講期間・曜日・講時 前期・木曜日・5講時

英米詩について学びます。ロマン派から現代にかけての抒情詩を採り上げ、詩のことばと技法を歴史的背景やジェンダー批評等の観点から学習し、詩というジャンルの文化的広がりを考察します。

英語学基礎講義

担当 高橋 勝忠
開講期間・曜日・講時 前期・木曜日・1講時

英語学の分野から「英語史」「言語習得」「統語論」「音韻論」「形態論」「意味論」「語用論」の7つの内容を紹介する講義。新しい言語学の知識を導入すると共に、生成文法による語や文の言語分析を解説する。

イギリス文学基礎講義

担当 武田 美保子
開講期間・曜日・講時 後期・木曜日・1講時

イギリスの地理と歴史についての、おおよそのアウトラインをつかみ、英文学の代表的な作品に触れることで、イギリス文化・文学の概括的な知識を習得することを目的とします。

英米文学・文化研究2

担当 日髙 真帆
開講期間・曜日・講時 前期・水曜日・3講時

英語で書かれた戯曲や舞台上演、演劇研究に対する理解を深めます。戯曲の一場面を英語で演じたり、作品解釈について英語で発表したりすることもあります。発表のリハーサルも行います。

  • ※ 本公開授業の受講生が発表を求められることはありませんが、教材は英語で、授業も英語で行うことがあります。

英語圏研究2

担当 田 園子
開講期間・曜日・講時 後期・月曜日・1講時

L. M. Montgomeryの Anne of Green Gables (1908)を題材に、様々な批評を検討し、原書の世界を味わいながら英語の読解力を深め、多様な解釈・評価を許す諸場面について自らの意見を構築することで、論理的な思考力を習得する。

言語・コミュニケーション入門

担当 ジョン・キャンベル=ラーセン
開講期間・曜日・講時 後期・月曜日・5講時

In this class we will examine several aspects of language. We will look at some of the basic ways in which all language work such as grammar structure and writing systems. We will also investigate some of the differences in vocabulary between Japanese and English, discuss pragmatics, politeness and discourse.

  • ※ The students do not need to bring anything to the class. There will be a handout worksheet to complete and hand in at the end of the lecture.