入学試験にかかる個人情報の取扱い

以下は平成29年度の内容です。平成30年度の詳細は、6月頃決定し公表予定です。

入学試験にかかる出願、試験結果、入学手続等により保有する受験生の個人情報については、「京都女子学園の保有する個人情報の保護に関する規程」に基づき、適正に取扱うとともに、正確性・精密性の保持に努めます。

(1)個人情報の利用

  1. 入学試験志願票に記載された個人情報は、受験に関する問い合わせ、受験票の発送の他、入学者名簿の作成作業等にも一部利用します。
  2. 入学試験の成績は、あらかじめ受験生本人の承諾を得られたものに限り、高等学校の進路指導に供する目的で、出身高等学校に送付する場合があります。
  3. 本学入学後に奨学金の申請や転部・転科の申し出があった場合、その審査・判定資料として本人の入学試験成績を利用する場合があります。
  4. 上記の個人情報は、教育改善のための調査・研究や入試統計資料としても利用します。ただしこの場合、個人が特定できないように処理します。
  5. 大学入試センター試験の点数を利用する入学試験については、合否判定のために、大学入試センターより当該志願者の平成29年度大学入試センター試験成績の提供を受けます。

(2)入学試験成績の開示について

  1. 「公募制推薦入試」および「社会人特別選抜」については、総合点のみ開示します。
  2. 「一般入試前期(A方式・B方式)」および「一般入試後期」(食物栄養学科の判定に使用する大学入試センター試験の成績を除く)については、科目別得点および総合点を開示します。
  3. 「大学入試センター試験利用入試(前期)(後期)」および「一般入試前期C方式」については、科目別得点および総合点を開示しません。大学入試センター試験の成績については、大学入試センターに直接請求してください。

(3)個人情報に関する業務委託について

志願票記載事項のコンピュータ登録、受験票および合格通知書の作成、入試統計資料の作成などの業務を、個人情報の適切な取り扱いに関する契約を締結した上で、外部の事業者に委託することがあります。